【豪ドル1000通貨トラリピFX】5/4は雇用統計で新規4回!トラリピ総利益は+208,887円で変化なし

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証144日目となる5月4日金曜日の豪ドルトラリピは、
やはり雇用統計といった感じで、発表前の相場で新規が1回、
そして発表後は雇用統計が予想を下回ったことを受けて下落したので
さらに新規が3回で、合計4回の新規注文が約定しました。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から144日間が経過して、
トラリピ自動売買注文約定回数は539回、総利益額は208,887円、
年利換算では10.44%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・88.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして金曜のトラリピFX約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・82.28買い
・82.03買い
・81.78買い
・81.53買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+208,887円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
10.44%




雇用統計は事前の市場予想を下回ったようで
円高になったみたいですけど、最後はドルも戻したみたいで
結局豪ドルとかが一番落ちたような感じだったみたいですね。

出かけていたのでリアルタイムでは見ていませんでしたけど
やはり雇用統計は毎回必ず注文が約定するので面白いです。

あとは翌週の相場でこのまま円高になるのかそれとも戻すのかで
新規ポジションを仕込んでいくか、決済で利益が積み上がるかが変わるので
どちらに動いても面白い感じになってきました。

トラリピはまず新規が約定していないと決済にはならないので
一度新規注文が多く約定してくれると、面白いですし
多く約定しても資金面で全く不安にならないぐらい安全なのは
豪ドル25銭間隔で、3000通貨単位という組み合わせのなせるわざですね。

現在の設定は、トラリピ研究者さんによるもので、
過去3年間の膨大なデータを一つ一つ検証していって
最も安全性が高くて、なおかつ回転率が良いというものを
長い時間かけて探し当てられた結果、豪ドルで25銭間隔で、
さらに3000通貨というのが出てきたそうです。

実際に半年以上やってみて、暴落したとき証拠金維持率は1000%を割らず
余裕過ぎるぐらいの状態でしたし、25銭間隔のおかげでほぼ毎日注文が約定し
これまで半年以上やっていて5日しか約定しなかった日はありません。

それでいて年利にして半年で10%を超えましたので、
このままのペースでいけば超安全な状態で年利20%は堅いので
銀行に預けたりほかの投資商品を買うことを考えたら
かなり良い組み合わせだなと思います。

しかも1000通貨単位なので、リスクをさらに下げたかったら2000通貨にするとか
1000通貨にするとかいくらでも応用が利いてリスクも下げられますし
逆にもうちょっと年利をあげたかったら4000通貨にしても良いと。

こういう工夫のしがいがあるのもとても面白いので
自分も色々これから計算したりしてみようと思っています。




日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



6月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードをプレゼントする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【6/30までの期間限定!】当ブログからの申し込みで1000円上乗せプレゼント
→http://www.m2j-3.biz/

m2jcpgna.jpg

COMMENT 0