【豪ドル1000通貨トラリピFX】金曜は新規、決済2回ずつ。ギリシャ再選挙明けはトラリピのチャンス!トラリピ総利益は+259,673円に増加

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証174日目となる6月15日金曜日の豪ドルトラリピは
いきなり動きが復活して新規、決済が2回ずつの合計4回で
しかも両方とも同じ回数だったので、一番効率が良いパターンで
年利換算も13%目前の12.98%まで上げて1週間の取引を終えました。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から174日間が経過して、
トラリピ自動売買注文約定回数は676回となっていて
総利益額は259,673円に増加、年利換算では12.98%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・88.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして金曜のトラリピFX約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・79.53決済
・79.28買い
・79.03買い
・79.28決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+1,554円(うちスワップ金利54円)



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+259,673円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
12.98%




金曜は新規と決済が同じ量でしたから、ポジ量は変化せずに
利益だけ上乗せされて、年利換算13%目前まで到達しました。

来週の相場では確実に年利換算13%台に乗ると思いますし
ギリシャの再選挙が明けたら、上に動いても下に動いても
トラリピにはチャンスになりそうなので非常に楽しみです。

どのような相場、例えば暴落でも狭いレンジでも
非常に良い感じで注文が約定する結果になっているんですけど
これもトラリピ研究者さんが膨大な過去データから
最も資金的に安全で、なおかつ回転が良くて利益も出る、という組み合わせは
どの通貨とどの値幅で、どのぐらいの注文量かということを
長い時間かけて見つけ出された結果なので、その奥の深さを改めて感じます。

今まで半年以上トラリピで取引してきていますけど
大きく暴落したときでも証拠金維持率は安全すぎるぐらいの水準でしたし
そういう暴落時でも相場のことを全然気にしなくても生活できるというか
逆に落ちれば落ちるほど嬉しいという初めての感情も体験できました。

それで、なおかつ半年以上の中で約定しなかった日がたった5日、という
驚異的な回転率ですし、これは狭いレンジ相場でも最適に約定するように
じっくり検証された結果なのかなと思います。

その上で半年で年利10%を超えて、今はもう13%ですから、
銀行に預けている資金も追加で投入しようかなと考えたり。

トラリピ研究者さんによると、ゴールデンウィーク明けは
毎年恒例のトラリピ稼ぎ時になるということでしたけど
実際今年もそうなっていますし、さらに今年は例年よりアツく、
このまま次の稼ぎ時であるお盆前後まで行くのでは無いかと書かれていますから、
これからの2,3ヶ月がますます楽しみになってきました。




日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



6月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードをプレゼントする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【6/30までの期間限定!】当ブログからの申し込みで1000円上乗せプレゼント
→http://www.m2j-3.biz/

m2jcpgna.jpg

COMMENT 0