【豪ドル1000通貨トラリピFX】雇用統計は新規3回!トラリピ利益は+291,508円で変化無し

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証189日目となる7月6日金曜日の豪ドルトラリピは
雇用統計後の下落で新規が3回約定する形となりました。

久しぶりに新規注文だけの1日となりましたけど
最近は決済でポジションが減っていましたから
雇用統計後の下落でちょうど良い感じで仕込めました。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から189日間が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は730回に増えており
総利益額は291,508円、年利換算では14.58%となっていて
そろそろ年利換算15%が見えてきました。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・88.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして金曜の約定はトラリピFX以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・81.78買い
・81.53買い
・81.28買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+291,508円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
14.58%




金曜は雇用統計まで全然動きが無かったんですけど、
雇用統計後はばっちり下げてくれましたので新規が3回。
最近はどちらかというと決済メインの約定になったので
利益がかなり増えて、年利14%を超えたと思ったら
あっという間に年利15%に近いところまできています。

やはり先日の円高でたくさんポジションを仕込めていたので
それがあるおかげで利益が増えるのもガッツリという感じですね。

これだけ上手い具合に約定すると面白くなりますけど
これもトラリピ研究者さんが膨大な過去データから
最も資金的に安全で、なおかつ回転が良くて利益も出る、という組み合わせは
どの通貨とどの値幅で、どのぐらいの注文量かということを
長い時間かけて見つけ出された結果。

実際にこれまで何度か暴落したときも、先日の円高時にでも
証拠金維持率は安全すぎるぐらいの水準を維持していましたし
暴落でも相場を気にしないでいられるという精神的余裕も良かったです。

それでいてこれまで半年以上やってきて、約定しなかった日が6日だけという
効率の良さもあり、なおかつ半年で年利10%が確定し、今もう15%ですから
ボーナスで出たお金をさらに投資しようかなと考えたいと思います。

またトラリピ研究者さんによると、ゴールデンウィーク明けは
毎年恒例のトラリピ稼ぎ時になるということで、実際そうなっているんですけど
今年は例年よりさらにアツいとのことで、未だに終わる気配がない上に
このまま次の稼ぎ時であるお盆前後まで行くのでは無いかと書かれていますから、
これから1ヶ月、2ヶ月がさらに楽しみになってきました。



日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/

COMMENT 0