【豪ドル1000通貨トラリピFX】8月30日は新規2回約定。トラリピ利益は+329,229円、年利16.46%で変化なし

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証228日目となる8月30日木曜日の豪ドルトラリピは
豪ドルが終日弱い状態だったのと、夜に全体が下落したので
朝と夜の2回新規注文が約定してポジションを仕込めました。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から228日間が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は805回、総利益額は329,229円、
年利換算では16.46%となっていて、いよいよ今日はバーナンキFRB議長講演なので
今日の夜中から来週にかけて大きな動きが出てくれば
トラリピももっと面白くなるかなと思っています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・88.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして8月30日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・81.28買い
・81.03買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+329,229円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
16.46%




木曜は新規が2回で良い感じでポジションを仕込めました。
というのも、8月は前半からお盆休みぐらいまでは
決済が進んで5月頭にできたポジションも決済されるぐらい
どちらかというと決済メインのペースが続いていました。

まあそこで利益はバンバン出たんですけど
今度はポジションが減ってくるわけです。

ポジションが減りすぎると、次の決済の種がなくなるので
そういう意味では今のように下げてまたポジションが仕込めると
トラリピとしては一番理想的な約定という感じなわけですね。

また短期的にも、中期的にも上下をうまく繰り返すしながら
ほとんどポジションの量が変わらず、利益だけが増えていき
その利益によって証拠金が増強されて、さらに安全になる、
というのは豪ドル25銭設定の秀逸なところ。

この設定はトラリピ研究者さんが考えられたものを参考にしていて
過去の膨大なデータを元に色々な通貨と値幅の組み合わせを検証された結果
最も約定ペースが良くて、安全で、大暴落でも大丈夫な組み合わせが
豪ドルで25銭間隔で、3000通貨という組み合わせになったそうです。

実際に自分で取引を開始した後に大暴落は何回かきましたけど
余裕過ぎるぐらい維持率がありましたし、もっと下げても良いぐらいでした。
逆に春頃には暴騰で全ポジションが決済される嬉しいこともあったりと
この設定の絶妙さはこれまで何度も感じています。

また研究者さんによると毎年8月から年末年始は
年間最大のトラリピの稼ぎ時になるとのことなので
これからも非常に楽しみです。

でもやっぱりこういう稼ぎ時があるということは
何か複合的にせよ理由があると思うので
この時期だけトラリピを仕掛けるというのも
かなり面白いんじゃないかと思います。



日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



9月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せして、
合計5000円分プレゼントする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【9/30までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せで合計5000円プレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2jcpn0930.jpg

COMMENT 0