スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドル1000通貨トラリピFX】8月31日は新規1回約定。来週はECB政策金利発表や雇用統計を控える

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証229日目となる8月31日金曜日の豪ドルトラリピは
バーナンキFRB議長講演後に新規注文が1回約定し
最後まで良い感じで仕込みが出来た1週間となりました。

今週はバーナンキFRB議長講演待ちの相場となりましたけど
豪ドルは1週間を通してずっと弱いままでしたから、新規注文が多く約定。

8月は前半が決済だらけで5月にできたポジションまで決済され
かなり利益も上がった分、ポジションは減っていましたから
後半でしっかり仕込めたのは良い流れだなと思いますし
来週はECB政策金利発表や雇用統計もあるので
まだまだトラリピが面白くなりそうです。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から229日間が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は806回に増加。
総利益額は329,229円、年利換算では16.46%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・88.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして8月31日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・80.78買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+329,229円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
16.46%




金曜はバーナンキFRB議長講演後に新規注文が1回約定で
8月後半はまさに仕込みの半月といった感じで終わりました。

これほど前半と後半で流れが違うとかなり面白いんですけど
前半は5月頭に出来たポジションまで決済されるぐらい
どんどん決済が進んで利益が出て、証拠金が増えていましたし
その分ポジションが減ってきて、次の決済の種という意味では
そろそろ仕込みたいなという感じに思っていました。

でもお盆明けからは豪ドルが弱くて、
とても良い感じで新規注文だらけとなりましたから
これでまた次の決済の種を仕込むことが出来たわけで
月単位で面白い流れになるのは豪ドル25銭設定の絶妙なところかなと。

しかも新規が多く約定しても維持率は余裕過ぎるぐらいで
まだまだここから大暴落が何回か来ても大丈夫な水準ですので
この安全性があるので、安心して構えていられますね。

現在の設定はトラリピ研究者さんが考えられたものを参考にしているんですけど
豪ドルで25銭間隔で3000通貨、という組み合わせは
トラリピ研究者さんが過去の膨大なデータを元にして
最適な組み合わせを考えられた結果、最も良いものがこれだったそうです。

実際に今まで10ヶ月ほど取引してきたなかで
危険を感じたのは1回も無く、余裕過ぎる状態でずっと来ていて
なおかつ年利換算で20%ペースでずっとこれていますから
これほど安全で年利20%というのはすごい組み合わせだなと。

研究者さんによると毎年8月から年末年始は動きが大きくなり
恒例の年間最大のトラリピの稼ぎ時になるとのことですから
この時期だけトラリピを仕掛けるとか、この時期だけ注文を増やすとか
そういう工夫をすればもっと効率良く稼げるかもと思いますし
自分も1年経過して完全に一回りしたら、そういうことも考えて
自分で設定を工夫してみようと思っています。



日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



9月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せして、
合計5000円分プレゼントする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【9/30までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せで合計5000円プレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2jcpn0930.jpg

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。