【豪ドル1000通貨トラリピFX】9月5日は新規1回約定。ECB理事会での国債購入詳細に注目が集まる

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証232日目となる9月5日水曜日の豪ドルトラリピは
昼過ぎに新規注文が1回約定してまた仕込みができました。

そして今日はいよいよECB理事会で、政策金利発表やドラギ総裁の会見、
さらに国債購入の詳細が発表されると思うんですけど、
その内容次第ではかなり動くことが予想されますから
トラリピも大きなチャンスになるかもしれません。

特に国債購入に関しては、昨日も色々報道が出ていて、
ドラギ総裁が無制限かつ不胎化の債券購入を約束しているとか
そういうのもありましたから、非常に楽しみです。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から232日間が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は809回に増加。
総利益額は329,229円、年利換算では16.46%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・88.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして9月5日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・80.03買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+329,229円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
16.46%




まずは今日のECB理事会後の動きが一番のポイントですけど
そこで仮に動きが微妙であっても、明日は雇用統計ですから
まあそのどちらかではしっかり動くのではないかなと。

現在の設定はトラリピ研究者さんが考えられたものを参考にしているんですけど
この設定で今まで雇用統計やECB理事会などの大きなイベントで
かなり大きく動きが出たこともありましたけど、
上に動いても下に動いても良い結果ばかりでした。

というのも、元々が安全すぎるぐらい万全の設定になっていて
大暴落でも資金はびくともしないような計算がされているのと
25銭間隔という絶妙の値幅によって、大きく動いた場合でも
新規だけ、とか決済だけ、ではなくて、両方約定することが多く
利益も上げながらポジションが仕込めたり、ポジションを大量に作りながら
間に決済も入ったりという感じになるので。

10ヶ月以上やってきてこれほど安全とは驚きですけど
それでいて年利20%ペースでしっかりこれていますし
何より安全性からくる気楽さで、精神的にとても健康なので
こういう投資はサラリーマンの自分にはとてもやりやすいというか
ありがたい投資ですし、何よりこの設定の絶妙さは驚き。

また研究者さんによれば、これから年末年始にかけては
毎年恒例のトラリピ最大の稼ぎ時になるそうです。
つまり動きが大きくなりやすいということだと思うので
非常に楽しみな数ヶ月になるかなと思っています。




日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



9月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せして、
合計5000円分プレゼントする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【9/30までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せで合計5000円プレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2jcpn0930.jpg

COMMENT 0