【豪ドル1000通貨トラリピFX】FOMC待ちで薄商いの中新規1回。QE3への期待で動くか

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証235日目となる9月10日月曜日の豪ドルトラリピは
FOMCでのQE3の有無を見据えてか、とても動きが小さい相場でしたけど
これだけ狭い動きの中でも新規注文が1回約定。

このあたりはさすが25銭設定というか、
絶妙なトラリピ設定が見事に出たなという感じがします。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から235日間が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は817回に増加。
総利益額は333,981円、年利換算では16.70%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・88.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして9月10日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・81.03買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+333,981円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
16.70%




米FOMCを前にした様子見ムードの中で新規が1回というのは
なかなか自分でもびっくりした約定でしたけど
このトラリピ設定では本当に回転率が良いですし
今まで約定しなかったのは月に1回ぐらいで
あとはほとんど毎日約定しています。

現在の設定はトラリピ研究者さんが考えられたものを参考にしているんですけど
長い時間かけて膨大な過去データを検証されただけあって
この回転率で非常に約定が多いにもかかわらず、
暴落時でも安全という設定になっていて、これまでの10ヶ月で
大暴落も何度かありましたけど、安全すぎるぐらいの水準で
証拠金維持率が保たれていました。

そしてこれから毎年年末にかけてはトラリピの大きな稼ぎ時、
ということも書かれていましたから、非常に楽しみです。

また今週もFOMCでのQE3があるかどうかで荒れそうですし
ユーロ圏では、ドイツ連邦憲法裁判所のESMと新財政協定の合憲判断など
荒れる要因がありますので、今週のトラリピも先週と同様期待できそうです。



日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



9月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せして、
合計5000円分プレゼントする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【9/30までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せで合計5000円プレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2jcpn0930.jpg

COMMENT 0