【豪ドル1000通貨トラリピFX】FOMC前に決済2回。QE3の有無次第でトラリピもチャンス

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証237日目となる9月12日水曜日の豪ドルトラリピは
朝方からの上昇で決済注文が2回約定する良い展開になりました。

そして今日はFOMCでQE3があるかどうか。
これ次第で相場もかなり動く可能性がありますし
動けば動くほど稼げる豪ドル25銭設定においては
非常に楽しみな1日だなと思います。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から237日間が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は819回に増加。
総利益額は335,539円、年利換算では16.78%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・88.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして9月12日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・81.28決済
・81.53決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+1,558円(うちスワップ金利58円)



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+335,539円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
16.78%




水曜は良い感じで決済が2回約定しましたので
後はFOMC前後で大きな動きが出てくれれば
またトラリピは連続約定となる可能性が高いですし
FOMCの内容次第では中長期的な影響もあるかもですから
暴れれば暴れるほど稼げる現在のトラリピ設定においては
非常に楽しみなイベントという感じがします。

現在の設定はトラリピ研究者さんが考えられたものを参考にしていて
過去の膨大なデータを元に色々な通貨と値幅の組み合わせを検証された結果
最も約定ペースが良くて、安全で、大暴落でも大丈夫な組み合わせが
豪ドルで25銭間隔で、3000通貨という組み合わせになったそうですけど
研究者さんが実際に取引してこられたデータからも、
夏休み明けから年末年始にかけての時期は
年間最大のトラリピの稼ぎ時になるとのこと。

今まで大暴落が来ても全然余裕綽々でしたし
動きが大きいほど約定量が多くなって稼げましたので
そういう意味でこれから年末年始にかけては
さらに面白くなるかもしれません。

年利20%ペースでぴったりきている今のペースも
もう少し上がれば22%とかになるかもですから
そう考えるとこれだけ安全で年利20%以上が
手堅く得られるというのは非常に心強く
サラリーマンの自分には最適な投資だなと思います。




日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



9月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せして、
合計5000円分プレゼントする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【9/30までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せで合計5000円プレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2jcpn0930.jpg

COMMENT 0