【豪ドル1000通貨トラリピFX】水曜は新規1回。ECB政策金利発表、ドラギ総裁会見、雇用統計でトラリピ連続約定の可能性大

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証252日目となる10月3日水曜日の豪ドルトラリピは
前日のRBAサプライズ利下げの影響がまだ残る中で
豪ドルが下げたので、新規注文が1回約定しました。

その後はちょっと戻していますし、今日の昼頃にも動きがあったので
ここで今度は決済が約定しているかもしれませんから、
なかなか良い感じの約定が続いています。

そして今日はECB理事会とドラギ総裁会見ですし、明日は雇用統計もあり
まだまだトラリピは面白い展開が続くのではないかなと思います。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から252日間が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は860回に増加。
総利益額は351,532円、年利換算では17.58%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・88.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして10月3日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・80.03買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+351,532円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
17.58%




水曜は新規注文が1回で、RBA政策金利発表がサプライズ利下げとなった後
順調に下落してポジションを仕込むことが出来ています。

さらに今日はお昼前後で上昇しているので
ここで決済がかかっているかなという感じもしますし
(帰宅後に確認してみます)新規注文だけじゃなくて
間にしっかり決済も挟みながらというのは
豪ドル25銭間隔の大きな特徴なので、やはりこの設定は面白いなと。

現在の設定はトラリピ研究者さんが長い時間をかけて
過去の膨大なデータを元に、安全性と回転率とを両立させながら
最も利益が効率的に出て、暴落でも安全な組み合わせを考えられた結果で
それを参考にして自分もトラリピ設定を組んでいるんですけど、
とにかく1年間ほどやってきて安全性はピカイチ。

大暴落が何度か連続しても全然気になりませんし
それでいて新規と決済が月単位でみるとほぼ同数約定するので
ひと月ごとに見ていくと、ポジションの量はあまり変わらないのに、
利益だけ増えて行っていて、それで証拠金が増えますから
どんどん証拠金維持率が高くなって安全性も増すという
なんとも絶妙なトラリピ設定と言えるかなと。

そして研究者さんが以前から書いておられるように、
9月から年末年始はトラリピ最大の稼ぎ時になるそうですし
毎年恒例でこの時期は動きが出てチャンスだそうですから
何か複合的にせよ、そういう理由があるのかもしれません。

大きく動けば動くほど現在のトラリピ設定は活躍しますし
小さい動きでもほとんど毎日約定するという感じで、
約定しない日は月に1日か2日という感じですから
まだまだこれからの時期期待できそうです。




日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



12月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せして、
合計5000円分プレゼントする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【12/31までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せで合計6000円プレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2jcpn1231.jpg

COMMENT 0