スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドル1000通貨トラリピFX】月曜は新規1回!また豪ドル25銭設定の絶妙さが出た

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証255日目となる10月8日月曜日の豪ドルトラリピは
一回夕方頃にかけて大きく円高が進んだところで新規が1回約定。

ちょうど先週は雇用統計前あたりから決済中心の約定に変わって
利益が増えた分ポジションが減っていましたから、
金曜のNY市場後半からの下落でまた仕込みが出来ているのは
非常に良いトラリピの約定リズムと言えます。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から255日間が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は867回に増加。
総利益額は353,068円、年利換算では17.65%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・88.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして10月8日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・79.78買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+353,068円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
17.65%




月曜は夕方までに下落したところで新規注文が約定。
先週は雇用統計の前あたりから決済が増えていきましたけど
雇用統計発表後に決済が1回約定したあとは新規注文中心に変わり、
上手い具合に決済で空いたスペースにポジションが埋まっています。

これは豪ドルトラリピ25銭設定の非常に大きな特徴で、
週単位でも月単位でも、このような形で上下動を繰り返すため
ほとんどポジションの量は変わらないのに利益が増えていくという形。

なので、開始当初に比べると利益が増えている分証拠金が増えて
証拠金維持率も高くなっていますから、暴落に対する備えも
より万全になるという面白い設定です。

この設定はトラリピ研究者さんが考えられたものなんですけど
過去の膨大なデータを使って長い時間かけて検証された結果
豪ドル25銭間隔で3,000通貨という組み合わせが、大暴落でも安全で
最も効率良く利益が出る設定だったとのこと。

実際自分ももう少しで1年経ちますけど、大暴落でも余裕すぎるぐらいで
もっと暴落しても良いというか、むしろ暴落してくれたほうが、
注文が大量に約定して嬉しいぐらいの気持ちになれましたから
相場が怖いという気分になることが全く無くなりました。

それでいて年利で18%ほどのペースで来ていますので
サラリーマンの自分にとっては十分すぎる利益かなと。

また9月から年末年始にかけてはトラリピ最大の稼ぎ時で、
毎年恒例のチャンス相場とのことですから、
これからまだまだ楽しみな場面がたくさんやってきそうです。

1年経過したら、貯金から資金をさらに入れて、
注文量も増やして、もっと効率良く稼ぎつつ、安全も増しつつ、
ということもやってみようかなと思っているので、
それも楽しみなことの一つです。




日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



12月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せして、
合計5000円分プレゼントする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【12/31までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せで合計6000円プレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2jcpn1231.jpg

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。