【豪ドル1000通貨トラリピFX】S&P、スペイン格付け引き下げBBBマイナスに。水曜は新規1回、決済2回で理想的約定続く

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証257日目となる10月10日水曜日の豪ドルトラリピは
前半がある程度リスク回避からの戻しで円安で進みましたけど
スペイン格下げがS&Pによって発表されたことで流れが変わり、
そこからはまたリスク回避のような円高の動きが出ました。

でもトラリピという意味では、最初の上昇で決済が2回約定し、
スペイン格下げ後の下落で新規が1回約定していますから
一番良い感じで動いてくれたと言えます。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から257日が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は872回に増加。
総利益額は355,335円、年利換算では17.77%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・88.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして10月10日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・80.03決済
・80.28決済
・80.03買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+1,517円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+355,335円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
17.77%




水曜は前半が上昇しましたので決済注文が2回約定し、
スペインの格下げ報道によってまた急に下げていったので
そこから新規注文が1回約定するという形で、
ポジションは1つ減って、利益は2回分出たわけです。

毎回新規と決済がちゃんと両方約定するので
本当にこの設定は面白いなという感じがしますけど
これもトラリピ研究者さんが膨大な過去データから
最も資金的に安全で、なおかつ回転が良くて利益も出る組み合わせを
長い時間かけて抽出された結果出てきたものなので
さすがにそれだけされただけのことはあるなと。

なんといっても新規と決済が両方入ることで
ちゃんと収穫しながら次の種をまいているようなもので
しかもこれがずーっと続くわけですから、効率は本当に良いです。

また暴落したことはこれまでに何度かありましたけど
全然危なくないどころかもっと暴落してくれても良いぐらいで、
なおかつ今回みたいに新規と決済が両方とも入る日が多いので
決済されて出た利益で証拠金が増えることになり、
それで証拠金維持率が上がるため余計に安全性が増す、と。

なおかつ毎年9月から年末年始が1年間で最大のトラリピの稼ぎ時で、
それが毎年恒例の出来事らしいので、今からまだまだ楽しみですし
究極はこの時期だけ注文量を増やしてガッツリ稼ぐとか、
他の時期は仕掛けずにこの時期だけトラリピを仕掛ける、
というのもかなり興味深いので、今後試してみる価値ありかと思っています。



日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



12月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せして、
合計5000円分プレゼントする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【12/31までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せで合計6000円プレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2jcpn1231.jpg

COMMENT 0