スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドル1000通貨トラリピFX】水曜は決済3回。今日からEU首脳会議

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証262日目となる10月17日水曜日の豪ドルトラリピは
もともと円安で動いていた相場が、NY市場でさらに加速したため
決済が3回約定して、9月後半に出来たポジションまで決済され、
スワップ金利もついて結構しっかり利益が出ました。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から262日が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は881回に増加。
総利益額は361,092円、利率換算では18.05%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・88.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして10月17日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・81.28決済
・81.53決済
・81.78決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+3,473円(うちスワップ金利+1,223円)



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+361,092円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
18.05%




今回は9月後半に仕込めていた新規ポジションが決済されたので
その分スワップ金利が結構乗って、3回の決済にしては利益が大きく
非常に良い結果が得られたなという感じです。

前にも書きましたけど、現在の豪ドル25銭間隔設定というのは
こういうふうに週単位とか月単位とかどこで区切って見てみても
だいたい新規と決済が良いバランスで約定していきますから
ポジションの総量はあまり変わらずに、利益だけ増えていきます。

そしてその利益で証拠金が増えて、証拠金維持率が上がり
さらに安全性が増していくというスパイラルが続きますから
やればやるほど安全になっていくというすごい設定。

これもトラリピ研究者さんが膨大な過去データから
最も資金的に安全で、なおかつ回転が良くて利益も出る、という組み合わせは
どの通貨とどの値幅で、どのぐらいの注文量かということを
長い時間かけて見つけ出された結果を参考にしたからなんですけど
実際に大暴落した場面でも余裕綽々という感じでしたから
3000通貨という組み合わせがまた絶妙なのだと思います。

ようやく1年経過して年利にして18%がしっかり稼げたので、
これからは色々工夫してさらに効率良くと考えてます。

候補としては、資金を1.5倍にふやして、注文量も少し増やして
安全性はそのままに利益額の増加を狙うか、もっと安全にするために
資金は2倍に増やして、注文量は1.5倍ぐらいにするとか
そういう風にしたら、本当にまる1ヶ月相場を見なくても
自動的に資産が増えるという状況も作れるかなと。

どちらにしても、今すでに安全すぎるぐらいなので
自分で将来の不安を消せるぐらいの資産運用が出来そう、
という感じがしてきましたから、将来が明るく見えてきた気がします。



日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



12月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せして、
合計5000円分プレゼントする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【12/31までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せで合計6000円プレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2jcpn1231.jpg

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。