スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドル1000通貨トラリピFX】火曜は日銀追加緩和発表後に新規1回。ハリケーン「サンディ」の影響か動きが鈍い

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証271日目となる10月30日火曜日の豪ドルトラリピは
日銀の追加緩和で強い下落の動きが出たので新規が1回。

しかしその後はハリケーンの影響で米国市場が休場状態だからか
全体的に様子見ムードとなっていて、思ったほど動きが出ず
この1回のみの約定で終わりました。

でも金曜には雇用統計が予定されていますし
来週火曜にはアメリカの大統領選挙もありますから
焦らなくてもこれらでまた大きく動けばチャンスになるかなと。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・88.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして10月30日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・82.28買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+373,892円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
18.70%




今回はもしハリケーンが来ていなかったら
NY市場でかなり動きが出たかもなと思うんですけど
たらればは考えても仕方ないので、次に期待かなと。

雇用統計も大統領選挙もネタとしてはかなり大きいですし
トラリピも荒れれば荒れるほど美味しい状態になるので
そういう相場になるのを期待したいなと思います。

それにしても開始から1年を経過して年利18%ほどですし
今のところは十分すぎるぐらいの成績かなと思っていて、
この間約定しない日はだいたい月に1日程度。

それでいて大暴落でも全然大丈夫な安全性と
上下にうまく約定することで利益がコツコツ出て、
その利益で証拠金が増えるので維持率も上昇して
さらに安全になるという面白い設定ですから
波乱相場ほど面白くなるというわけです。

これもトラリピ研究者さんが過去3年分のデータを元に
最も効率が良く、安全性が高く、利益が出やすい組み合わせを出された結果
豪ドルで25銭設定だったということで、真似をしているだけですけど
やはりトラリピというのは初期設定がどれだけ重要か
ということをひしひしと感じています。

さらに9月から年末年始にかけては、毎年恒例で、なおかつ年間最大の
トラリピ稼ぎ時になるということを書いておられますし、
実際に9月からかなり約定ペースが上がっていますから
雇用統計、大統領選挙をこなした後も非常に楽しみです。



日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



12月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せして、
合計5000円分プレゼントする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【12/31までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せで合計6000円プレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2jcpn1231.jpg

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。