スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドル1000通貨トラリピFX】FOMCとバーナンキFRB議長会見でトラリピ大量約定なるか。火曜は2回決済で大量利益

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証301日目となる12月11日火曜日の豪ドルトラリピは
夕方から夜中にかけての上昇で決済注文が2回約定。

月曜に新規が1回約定したので、それがすぐに決済されていますし
なおかつさらに上昇して3月28日に出来た新規ポジションも決済され
スワップ金利がかなり乗ったので、また大きな利益となりました。

この調子でFOMCやバーナンキFRB議長会見で大きな動きがでれば
さらにトラリピは面白いことになりそうですね。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から301日が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は957回に増加。
総利益額は463,083円、利率換算では23.15%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・88.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして12月11日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・86.53決済
・86.78決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+6,612円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+463,183円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
23.15%




火曜は月曜に約定した新規が早速決済されたことに加えて
3月28日に出来ていた新規ポジションの決済も約定しましたので
ポジションの量はほとんど変わらずに利益だけ増えて
一番効率が良いトラリピの約定パターンとなりました。

しかもスワップ金利だけで5千円超ですから、かなり嬉しいですし
一気に利率換算でも23%台に乗せたので非常に良い1日でした。

こういう形だと、増えた利益で証拠金がさらに増強されますし
なおかつポジションの量は少ないままでずっと回転していくので
利益が出る上に安全性もさらに増すという良い流れが続いています。

またこういう動きは短期的にも中期的にもできていることになり
これが豪ドル25銭間隔のトラリピ設定のすごいところですね。

現在の設定はトラリピ研究者さんが考えられたものを参考にしているんですけど
これも過去の膨大なデータを元に色々な通貨と値幅の組み合わせを
検証して安全で約定ペースが良い通貨と値幅の組み合わせを考えられた結果。

実際1年以上ゆあってきて、これまで暴落したこともありましたけど
一度も危ないと思ったことがありませんでしたし、むしろ暴落は嬉しいというか
逆に仕込みのチャンスと思うことができました。

それでいて約定しなかった日は月平均1日ぐらいですから
回転の良さも折り紙付き。これで年利18%が確定した後
そこから2ヶ月も経たないうちに23%となっています。

さらに研究者さんによれば毎年9月から年末年始は
トラリピ年間最大の稼ぎ時ということですし、
ユーロやアメリカに問題がある現状が続けば
年明けもしばらくは稼ぎ時が続きそうかなと思っています。




日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



12月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せして、
合計5000円分プレゼントする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【12/31までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せで合計6000円プレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2jcpn1231.jpg

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。