スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドル1000通貨トラリピFX】日銀、追加緩和発表するか?!白川総裁会見にも注目

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証307日目となる12月19日水曜日の豪ドルトラリピは
豪ドルの動きが小さく約定はありませんでしたが、
今朝は下落によって新規注文が約定していますし、
この後の日銀政策金利発表と白川総裁会見で、追加緩和などが出たら
トラリピも面白いことになりそうです。

特に火曜にポジションが全て決済されて、
ガンガン利益が積み上がっている状況ですから、
上に抜ければ設定を同じように上にズラし、
下がれば仕込みが出来て最高という感じですね。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・88.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして12月19日の約定はなし。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
無し



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+507,029円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
25.35%




水曜は約定無しでしたけど今朝新規が約定していて
ポジションが仕込めていますので、このまま円高になれば
ちょうど全決済の後にまた仕込みが進という
トラリピにとっては理想的なパターンとなります。

まあでも日銀の会合の結果次第というところもあるので
上にいけばいったで、また設定を上にずらそうかなと。

とりあえず10月半ばにトラリピ開始から1年経過して
そのとき年利18%だったのが、そこから2ヶ月で25%ですから
とにかくこの時期は非常に面白いので、どちらに動いたとしても
まだまだ稼ぎ時は続いてくれそうな気がします。

これもトラリピ研究者さんが膨大な過去データから
最も資金的に安全で、なおかつ回転が良くて利益も出る、という組み合わせは
どの通貨とどの値幅で、どのぐらいの注文量かということを
長い時間かけて見つけ出された結果なので、その奥の深さを改めて感じます。

今まで1年以上トラリピで取引してきていますけど
大きく暴落したときでも証拠金維持率は安全すぎるぐらいの水準でしたし
そういう暴落時でも相場のことを全然気にしなくても生活できるというか
逆に落ちれば落ちるほど嬉しいという初めての感情も体験できました。

それで年利18%ですからサラリーマンの自分にとっては十分ですし
トラリピ研究者さんによると、9月から年末年始にかえkては
毎年恒例かつ年間最大のトラリピ稼ぎ時になるということでしたけど
実際今年もそうなっているどころか例年以上にアツい状態になっていますし
さらに今年はユーロ問題やアメリカの財政の崖、自民党政権の復活など
要因が多いためこのまま春ぐらいまで稼ぎ時が続くのではと書かれていますから、
これからの数ヶ月がますます楽しみになってきました。




日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



12月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せして、
合計5000円分プレゼントする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【12/31までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せで合計6000円プレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2jcpn1231.jpg

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。