【豪ドル1000通貨トラリピFX】円高でトラリピは新規6回、決済2回。甘利経済再生担当大臣発言から急激な円高

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証325日目となる1月15日火曜日の豪ドルトラリピは
甘利経済再生担当大臣の円安懸念発言から円高が進み
久しぶりにトラリピもしっかりと仕込むことが出来ました。

また決済も2回約定して、仕込みながらも利益も出ていますし
このあたりは豪ドル25銭間隔設定の特徴が出たと言えますね。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から325日が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は1,015回に増加。
総利益額は+524,412円、利率換算では26.22%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。



豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・94.53
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして1月15日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・94.53決済
・94.53買い
・94.28買い
・94.03買い
・93.78買い
・93.53買い
・93.28買い
・93.53決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+1,500円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+524,412円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
26.22%




ここ数ヶ月はひたすら円安傾向が続いていましたので
基本的に決済が中心で、追加で設定を上に上げても
すぐ新規がかかってそれが決済され利益に変わるという
トラリピにとって非常に効率良く、理想的な流れでした。

でもその分ポジションは少ない状態が続いていましたし
何度もポジション全てが決済されて設定を上げていましたので
一度しっかり円高になって仕込めれば、次がまた面白いのに、
と思っていたところで甘利大臣の発言で急激な円高に。

これによって久々にしっかりと仕込みが出来ましたから
これがまた次の決済の種になりますし、しばらく円高が進んで
そこからまた円安に戻ってくれれば最高の展開ですね。

まあでも昨年10月半ばでトラリピ開始から1年経過して
年利18%だったものが、そこから3ヶ月で26%ですし、
ここ最近の約定回数の増加はすさまじいものがあります。

自分が設定の参考にしたトラリピ研究者さんは、以前から
「9月から年末年始にかけては毎年恒例、かつ年間最大の
トラリピの稼ぎ時になる」ということを書かれていましたし、
さらに最近のユーロやアメリカの財政問題、日本の安倍政権誕生で
通常なら年末年始で終わる稼ぎ時が、ゴールデンウィーク頃までは
続く可能性が高いと書かれていますから、まだまだ面白い展開になりそうです。

今まで大暴落でも資金は全然安全すぎるぐらいでしたし
逆に決済されて上に抜けるようなことも何度も体験できましたし
それでいて1年以上やってきて約定しなかった日は月に1回程度と
本当にこの設定は絶妙だなと。

また1年目は年利18%が達成出来たわけですけど
そのスタート時よりも当然利益によって証拠金が増えているので
同じ約定パターンだとしても安全性はさらに増していますし
このまま将来的に自分で老後の年金を作れるなという感じが
1年やって確信に変わってきたなという気がします。




日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/

COMMENT 0