【豪ドル1000通貨トラリピFX】来週はFOMC、雇用統計でトラリピ大量約定期待。今週は日銀会合と西村副大臣発言を受けてトラリピは大量利益

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証333日目となる1月25日金曜日の豪ドルトラリピは
少し勢いはおさまりましたけど前日からの円安がそのまま続き
トラリピでも決済注文が1回約定。

その後も夜の相場で上昇が続きましたので
トラリピはまだポジションが1回分ありましたけど
上抜けする可能性を考えて追加で注文を入れて
それもすぐに約定する良い結果となりました。

これで来週は雇用統計やFOMCを控えていますから
まだまだトラリピは稼ぎ時が続きそうですね。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から333日が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は1,055回に増加。
総利益額は+541,950円、利率換算では27.10%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・95.03
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして1月25日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・94.78決済
・95.03買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+814円(うちスワップ金利64円)



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+541,950円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
27.10%




金曜は決済が1回約定したあと、夜帰宅してみたら
また円安が進んでいて、上抜けしそうになっていたので
追加で設定を入れて95.03で新規も約定して
うまく決済と新規を絡ませることができました。

つまりポジション量は変わっていないのに、
利益はしっかり上乗せできて、その利益で証拠金が増え
同じポジ量でも安全性が格段に増すという流れとなっています。

こういう約定パターンになるのは非常に多いんですけど
これこそ豪ドル25銭間隔設定のトラリピの秀逸なところで
元々大暴落が来ても全然大丈夫なように設計されている上に
25銭間隔というのが絶妙で、狭い値幅でもしっかり約定しますし
回転率が良いので、ポジションの量はあまり変わらないのに
利益だけがどんどん増えて安全性も増していくという仕組み。

さらにこれまで1年3ヶ月ほどやってきて、
約定しなかったのは月平均1日といった回転の良さです。

このトラリピ設定はトラリピ研究者さんのものを参考にしたんですけど
研究者さんが過去の膨大なデータを元に時間をかけて事前検証され、
その結果最も効率が良く約定し、なおかつ大暴落でも安全な通貨と値幅が
豪ドル、25銭間隔だったということで、さらにリスクを調整できるよう
それを3000通貨にして運用されているのを参考にしたもの。

実際に昨年10月半ばでちょうど1年経過したわけですけど
その時点で年利換算18%だったものが、そこから3ヶ月で27%と
この数ヶ月の約定のペースはかなりすごいものがあります。

実はこれも研究者さんが以前から書かれていたんですけど
毎年9月から年末年始はトラリピ年間最大の稼ぎ時になる、
ということで、それが現実のものとなっています。

さらに研究者さんによれば、今年は安倍政権の誕生や
まだくすぶっているアメリカの財政、ユーロの問題など
ファンダメンタルズ的に大きな材料があるので、
通常なら年始で終わる稼ぎ時がまだ続いていて、
少なくともゴールデンウィークまでは続くのでは、
という予想をされていますのでまだまだ楽しみ。

そういう意味ではこの時期だけトラリピを回す、
というのも非常に効率的な方法かもですし、
注文量をこの時期だけ増やしていくのも面白そうですから
今後はそういう点も勉強してみようかと思っています。




日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



3月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せして、
最大6,000円分プレゼントする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【3/31までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せで合計6000円プレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2j0129.jpg

COMMENT 0