【豪ドル1000通貨トラリピFX】雇用統計前後で新規3回、決済4回でトラリピポジション全て決済!

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証338日目となる2月1日金曜日の豪ドルトラリピは
雇用統計前後で新規3回、決済4回の大量約定。

しかも朝にトラリピのポジションが全て決済されましたので
追加設定を行ったらまた午後に決済され、再び追加、
それが雇用統計後にまた全部決済されて利益に変わり
まさに理想的なトラリピの約定パターンでした。

そして来週はECB政策金利発表やドラギ総裁会見なので
またトラリピは大活躍するのではないかなと思いますし
しっかりそれに備えて追加で設定も入れています。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から338日が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は1,080回に増加。
総利益額は+552,826円、利率換算では27.64%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・96.53
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして2月1日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・95.53決済
・95.53買い
・95.78決済
・96.03買い
・95.78買い
・96.03決済
・96.28決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+3,000円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+552,826円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
27.64%




金曜はまず朝方に決済注文が約定して
トラリピは全ポジションが決済されました。

なので昼前にそれに気づいて追加で上に設定を入れて
続いて早速その新規注文が約定したんですけど、
これがまた午後に決済されてポジション全決済。

なのでまた夕方にトラリピ設定を追加で入れて
そこから雇用統計前までに2回新規注文が約定。

そして雇用統計後にその新規2回分がまた全決済となり
ポジションが全て無くなった状態、つまり全部利益に変わって
そのまま金曜の相場が引けたという感じです。

夜中に起きてればリアルタイムで追加できたかもですけど
まあまた来週の月曜にトラリピが約定すれば良いので
一応また96.53からの買い下がり設定にしておきました。

豪ドルトラリピ25銭設定では全決済が何度もありますけど
その都度新規を入れたらまた決済されるという流れで
本当に最高のトラリピ約定パターンとなることが多いです。

でも逆に円高大暴落みたいな相場であっても
全然びくともしない安全性も兼ね備えているので
上下どちらに大きく動いても安心というのはすごいですね。

現在の設定はトラリピ研究者さんが考えられたものを参考にしていて
過去の膨大なデータを元に色々な通貨と値幅の組み合わせを
長い時間かけて検証された結果、ベストな組み合わせが
豪ドル25銭設定の3000通貨というものだったそうですけど
実際に1年経過した昨年10月半ばで年利18%に達しました。

さらにそこから3ヶ月で27%まで到達しているわけですけど
これもトラリピ研究者さんが以前からブログで言及されていて
今年は安倍政権による日銀への働きかけをはじめとして
まだ完全に解決していないユーロ問題やアメリカの財政など
大きな要因があるため、通常なら年末年始で終わるはずの
トラリピ最大の稼ぎ時が、ゴールデンウィーク頃までは
続く見込みが高いと書かれていますので、まだまだ楽しみです。




日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



3月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せして、
最大6,000円分プレゼントする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【3/31までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せで合計6000円プレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2j0129.jpg

COMMENT 0