【豪ドル1000通貨トラリピFX】白川日銀総裁会見、G20スタートでまたトラリピは活躍か

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証346日目となる2月13日水曜日の豪ドルトラリピは
これまでの流れが少し止まって決済1回のみの約定。

相場としてはロシア財務次官の発言やキングBOE総裁発言で
少し動くところがありましたけど、神経質な動きになっていて
ちょっと不安定な印象を受けるかなという感じです。

でも今日は日銀会合が終わって政策金利・声明発表と
白川総裁会見、そしてG20がモスクワで始まりますので
またトラリピも大量に約定してくれることかと思います。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から346日が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は1,124回に増加。
総利益額は+567,848円、利率換算では28.39%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・97.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして2月13日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・96.53決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+750円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+567,848円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
28.39%




最近はとにかく1日に複数回約定することが多かったですし
昨年9月からのトラリピ最大の稼ぎ時が、年末年始で終わらず
現在も続いているという嬉しい状態なんですけど、
ようやく小休止かという感じですね。

まあでもまだまだこれからアベノミクスの影響も出そうですし
今日からモスクワでG20が始まるので、現在の円安相場に対して
各国の要人発言が出る可能性もありますから、
そこでトラリピも再び大量約定になるかなと思っています。

現在のトラリピ設定はトラリピ研究者さんが長い時間をかけて
過去の膨大なデータを元に、最も安全性が高く、
なおかつ効率良く稼げる通貨と値幅の組み合わせを考えられた結果、
豪ドル、25銭間隔、そして3000通貨という組み合わせになったそうで
それを参考にして設定をしたわけですけど、とにかく安全に運用できていて
これまで約1年3ヶ月間運用していて、大暴落でも余裕でいられるぐらい
資金的に余裕を持たせた設定で非常に安心感がありました。

なおかつ昨年10月半ばの1年到達時点で年利18%を達成した後、
そこから3ヶ月でもう28%まで一気に上昇していますし
この間約定しなかった日は平均して月に1日程度という
回転の良さも兼ね備えていますから、毎朝結果をチェックして
仕事に向かうのが非常に楽しいというのも良いところです。

また研究者さんによれば毎年恒例のトラリピの稼ぎ時が
今年は少なくともゴールデンウィーク、もしかしたらお盆まで
続く可能性が出てきているとのこと。

このトラリピ設定の場合、稼ぎ時で大量に約定しても
必ず決済が上手い具合に入っていきますから
その利益で証拠金が増えて、維持率が上がって
安全性も同時に増していくということが起こりますので
この際大暴落とか大暴騰とかが起きてくれても良いのにな、
と思ったりしています。




日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



3月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せして、
最大6,000円分プレゼントする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【3/31までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せで合計6000円プレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2j0129.jpg

COMMENT 0