【豪ドル1000通貨トラリピFX】G20関連の報道でトラリピ約定活発化確定か。円安に関する発言が焦点

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証347日目となる2月14日木曜日の豪ドルトラリピは
再び流れが戻ってきて約定回数が増加。

この状態でG20の本会議が始まりますし、
円安に関して各国の要人から話しが出たりすれば
相場が大きく動く可能性も出てきますし
今日から来週にかけて、またトラリピの約定が
かなり増える可能性があるかなと思っています。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から347日が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は1,127回に増加。
総利益額は+568,620円、利率換算では28.43%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・97.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして2月14日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・96.78決済
・96.53買い
・96.28買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+772円(うちスワップ金利22円)



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+568,620円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
28.43%




木曜は上下にまあまあ動きが出てきましたので
まず決済が1回約定し、その後新規が2回という形で
再び動きが戻ってきたなという感じがします。

また今日はG20の本会議も予定されていますから、
そこでもっと動きが出るかもしれませんし、
この数ヶ月はかなり良いトラリピ約定ペースですから
今日から来週にかけてもまだまだ楽しみです。

自分が設定を参考にしたトラリピ研究者さんが以前から書かれていたように
9月から年末年始の時期はトラリピ最大の稼ぎ時だけあって
かなりガッツリ稼げましたし、その稼ぎ時が今年はまだ終わらず
春頃まで続くと予想されていますからまだまだ期待出来るかなと。

特に昨年10月半ばに1年経過した時点で年利18%だったものが
そこから3ヶ月経った現在28%を超えていますので
まだまだ稼ぎ時が続いていることが良くわかりますね。

この調子でいけば2年目は単年で年利40%というすさまじいペースですし
途中稼ぎ時が終わったとしても30%ぐらいはいけるかな、と。

しかもこのトラリピ25銭間隔のすごいところは
大暴落した時でもまったく安全な状態であり
なおかつ暴落中でも時々決済が挟まりますし
今回のような円安相場ではガンガン全決済され
利益が出ることによって証拠金が補強され
さらに安全性が増すという良いスパイラルになること。

そう考えると一度ぐらい大暴落してくれても
面白いかなと思ったりしますし、一番効率的にいくには
稼ぎ時だけしっかり仕掛けて後は外すというのも
なかなか面白いかなと思います。




日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



3月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せして、
最大6,000円分プレゼントする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【3/31までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せで合計6000円プレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2j0129.jpg

COMMENT 0