【豪ドル1000通貨トラリピFX】豪雇用統計後の上昇でトラリピ追加設定完了。

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証366日目となる3月13日水曜日の豪ドルトラリピは
米小売売上高が予想を上回る強い結果となったことで
ドル高の動きが出たりしましたけど、豪ドルは小動きで
新規1回、決済1回という結果となりました。

しかしこれだけ小動きでもちゃんと2回トラリピが約定するのは
豪ドルトラリピ25銭間隔設定の良いところでもありますし
その特徴が良く出た1日とも言えますね。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から366日が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は1,232回に増加。
総利益額は+612,148円、利率換算では30.61%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・99.53
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして3月13日のトラリピ約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・98.78買い
・99.03決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+750円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+612,148円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
30.61%




水曜は上記のように新規1、決済1でしたけど
今日の豪州雇用統計で一気に上昇したため
そこで決済が約定していますし、上に抜けそうなので
新規も追加設定することが出来て、上に設定をズラしています。

最近はイタリア総選挙後の大暴落で大量にポジションが仕込めましたし
その暴落の際にも全然危なげなく、むしろもっと落ちてくれても良い、
ぐらいの体験が改めてでき、豪ドルトラリピ25銭間隔設定の良さを実感。

さらにそこから2週間で暴落時に仕込めたポジションが全決済され
上に抜けたので、追加設定して、それがまたすぐ約定しています。

このように数ヶ月単位で上下に動いて、ポジションの量があまり変わらず
利益だけ出ているというのは、豪ドルの大きな特徴かなと思いますし
これが豪ドルを選択してトラリピをする大きなメリットかなと。

自分がトラリピを始めてから1年4ヶ月近く経過したわけですけど
同じようなところで上下して新規と決済が繰り返されていることが多く
そのため利益が増えて、証拠金が利益によって増強されますし
それでいてポジションの総量はあまり変わりませんので、
どんどん安全性は増しながら、利益が積み上がっています。

これは豪ドル25銭設定の非常に優秀なところかなと思うんですけど
この設定はトラリピ研究者さんが考えられたものを参考にしていて
過去の膨大なデータを元に色々な通貨と値幅の組み合わせを検証された結果
最も約定ペースが良くて、安全で、大暴落でも大丈夫な組み合わせが
豪ドルで25銭間隔で、3000通貨という組み合わせになったそうです。

実際に先日のイタリア総選挙後以上の大暴落も何回か経験しましたし
逆に上昇してポジションがすべて決済されることもありましたけど
とにかく危ないと思ったことは一度もありませんでした。

それでいてほぼ毎日約定して、今まで約定しなかったのは
だいたい月に1日ぐらいしかありませんから、回転率もすごいです。

そして研究者さんによると昨年9月から年末年始にかけて、
毎年恒例のトラリピ年間最大の稼ぎ時が続いた後、
今年はまだその稼ぎ時が終わる気配なく継続しているとのことで
お盆あたりまで続くのではと予想されていますから
今後数ヶ月はまだまだ期待できそうな雰囲気。

そう考えるとこの時期だけトラリピをやるというのも
結構賢い投資方法なのかなと思ったりします。



日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



3月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せして、
最大6,000円分プレゼントする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【3/31までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せで合計6000円プレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2j0129.jpg

COMMENT 0