【豪ドル1000通貨トラリピFX】黒田日銀総裁、物価安定目標達成のために現時点では必要十分な措置を取った。今後は必ずしも毎回の決定会合で政策調整が行われるわけではない

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証386日目となる4月10日水曜日の豪ドルトラリピは、
黒田日銀総裁が、マスコミのインタビュー発言で、
「物価安定目標達成のために現時点では必要十分な措置を取った。
今後は必ずしも毎回の決定会合で政策調整が行われるわけではない」
と述べたことで下げる場面もありましたが、豪ドルトラリピは
それほど影響もなく結構上昇が続きましたので、
なかなか追加注文してもさらに上昇するという流れで、
ようやく夜寝る前に追いつく形となりました。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から386日が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は1,327回に増加。
総利益額は+649,498円、利率換算では32.47%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.03
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして4月10日のトラリピ約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・105.03買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+649,498円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
32.47%




水曜は前述のように追いかけても追いかけても、
という感じだったので結果としては新規が1回でしたけど
まだまだ今後は円安と調整の動きがあいまって
激しく動きが出そうですし、しばらくは期待できそうです。

特にこの豪ドル25銭間隔設定は、仮に狭い値幅であっても
しっかり約定するという回転性の良さも備えていますし
逆に大きく動いても3,000通貨単位という部分でリスクヘッジ出来ていて
これまで1年半近くトラリピを実践してきて、かなりの大暴落もありましたけど
全然資金的にびくともしないぐらいで、もっと下げても良いよ、
ぐらいの気持ちで平然としていられました。

それでいて約定しない日は月に1日程度という回転性で
1年経過した昨年10月半ばの時点で年利18%を達成。
そしてそこから半年近くで32%まで来ていますから、
この数ヶ月のペースは非常に素晴らしいものとなっています。

現在の設定はトラリピ研究者さんのものを参考にしたんですけど
研究者さんが過去の膨大なデータを元に時間をかけて抽出された結果
最も効率が良くて安全な通貨と値幅の組み合わせが豪ドル、25銭間隔、
そして3000通貨だったとのこと。

また研究者さんは毎年9月から年末年始がトラリピ最大かつ
毎年恒例の稼ぎ時になるとブログで書かれていたんですけど
実際に昨年もそれが現実になりましたし、研究者さん情報では
今年は安倍政権誕生によるアベノミクスやユーロ問題の影響で
今後もでまだまだ動きが活発化するとのことで、お盆ぐらいまでは
現在のトラリピ最大の稼ぎ時が継続するという見通しを立てておられますので
これから数ヶ月面白い流れが続いてくれそうです。



日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



6月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【6/30までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せプレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2j0129.jpg

COMMENT 0