スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドル1000通貨トラリピFX】ドル円調整ムードか。豪ドルトラリピは下落で新規2回。良い仕込み

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証412日目となる5月16日木曜日の豪ドルトラリピは、
前の日と同じように夜の相場でドル売りが広がりましたし
円も買われたので、豪ドルでは下落して新規注文が2回約定。

このまま調整ムードになると大きな下落もあるかもですし
そうなるとトラリピにとっては絶好の仕込み時になるので
非常に面白い流れになってきたかなと思います。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から412日が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は1,521回に増加。
総利益額は+716,663円、利率換算では35.83%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして5月16日のトラリピ約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・100.78買い
・100.53買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+716,663円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
35.83%




豪ドルトラリピ25銭間隔設定の大きな特徴としては
大暴落がきても全然びくともしない安全性にありますし
この際調整で下落してくれたら面白いかなと。

また今日でトラリピ開始から1年7ヶ月が経過したわけですけど
昨年10月半ばに1年経過した時点で年利18%だったものが、
そこから7ヶ月で36%近くまで来ていますので、昨年の倍まではいかずとも
それに近いぐらいの約定ペースがこの半年間続いていることになります。

これは、以前からトラリピ研究者さんが予想されていたことで
元々トラリピは毎年9月から年末年始が、年間最大の稼ぎ時らしいのですが
今年はアベノミクスやユーロ問題、アメリカの財政問題など
大きな材料があることで、稼ぎ時が年始で終わらず続いていて
このままお盆ぐらいまでいきそうだとのこと。

まさにこれを裏付けるような約定ペースなわけですけど
ポジションが一方的に増えたりすることもない設定ですし
過去何度もあった大暴落でも全く危なげないどころか
逆に暴落とその後の戻しでガッツリ稼げたりして
豪ドルトラリピ25銭間隔設定の本領発揮という感じでした。

この設定もトラリピ研究者さんのものを参考にしたんですけど
トラリピ研究者さんが過去の膨大なデータを元に、最も効率が良くて安全で
なおかつ永続的に利益が出ていく通貨と値幅の組み合わせは何か、
ということを抽出された結果出てきたのが豪ドル、25銭間隔、3000通貨、
という設定が一番最良という結果が出たそうです。

またこの設定はほとんど毎日約定して、動きが少ない日でも約定し
利益が増えていくため、証拠金そのものが増えますから
だんだん安全性も増すという面白い組み合わせというか
奥が深い設定だなと思います。




日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



6月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【6/30までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せプレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2j0129.jpg



COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。