スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドル1000通貨トラリピFX】日銀会合、黒田総裁会見、バーナンキFRB議長議会証言、FOMC議事録でトラリピ大量約定も!?

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証415日目となる5月21日火曜日の豪ドルトラリピは、
それほど強い動きは出ませんでしたけど、上下動が一応出たため
新規2回、決済3回で豪ドルトラリピ25銭間隔設定特有の
効率良い約定で利率換算36%に乗りました。

さらに今日は日銀政策金利発表、黒田総裁記者会見、
バーナンキFRB議長議会証言、FOMC議事録が予定されていて
動きが大きくなる可能性も高いので、豪ドルトラリピでも
大量約定となるかもしれません。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から415日が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は1,531回に増加。
総利益額は+720,471円、利率換算では36.02%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして5月21日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・100.53決済
・100.78決済
・100.53買い
・100.28買い
・100.53決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+2,308円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+720,471円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
36.02%




火曜はなかなかの約定の仕方で利率換算で36%を突破。
昨年10月半ばにトラリピ開始から1年経過した時点で年利18%だったものが
そこから7ヶ月ちょっとで倍ですから、今年はやはり稼ぎ時が続いていて
昨年の倍ほどの驚異的なトラリピ約定ペースが続いています。

さらに今日は日銀会合やFOMC議事録、バーナンキFRB議長議会証言と続くので
まだまだトラリピにとってチャンス相場が続くかなと。

もともとこの豪ドルトラリピ25銭間隔設定というのは、
大暴落でも安全過ぎるぐらいの証拠金維持率ですし、
それでいて小さい値動きでも約定する効率性を持ち合わせてるんですけど
これもトラリピ研究者さんが膨大な過去データから
最も資金的に安全で、なおかつ回転が良くて利益も出る、という組み合わせは
どの通貨とどの値幅で、どのぐらいの注文量かということを
長い時間かけて見つけ出された結果。

大暴落でもまったく相場が気にならないぐらいの安全性で
なおかつ順調に年利18%が稼げて、今年はさらにハイペースですから
2年経過時点ぐらいで資金を増やしてさらに効率良く稼いで
将来の不安解消を実現できるなという気がします。

またトラリピ研究者さんが以前から書かれていたのは、
毎年9月から年末年始が年間最大のトラリピということと、
今年は安倍政権の誕生によるアベノミクスや日銀の政策変更、
ユーロ問題などの影響で、通常なら年始で終わるはずの稼ぎ時が
まだ続いている状態でこのままお盆までいくのではないかということ。

そういうことも考えてトラリピをする場合
今から2,3ヶ月だけトラリピを仕掛けるというのも
意外と効率良くて面白い投資方法かもしれませんね。




日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



6月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【6/30までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せプレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2j0129.jpg



COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。