【豪ドル1000通貨トラリピFX】来週はRBA、BOE、ECB政策金利発表、米雇用統計でトラリピは稼ぎ時確実か

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証423日目となる5月31日金曜の豪ドルトラリピは、
東京市場で少し上昇して決済注文が約定してスタートしましたが、
その後はリスク回避の円高で一転して仕込み中心の約定となり、
さらにNY市場ではまた2回決済を挟んで新規2回という形で
かなり効率良く約定した1日となりました。

それにしてもドル円は100円台にすぐ戻るようになりましたし
来週はRBAやBOE、ECBの政策金利発表、雇用統計などがあるので
さらに荒れてトラリピにはチャンスになるかなという感じですね。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から423日が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は1,602回に増加。
総利益額は+740,831円、利率換算では37.04%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして5月31日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・97.78決済
・97.53買い
・97.28買い
・97.03買い
・96.78買い
・96.53買い
・96.28買い
・96.53決済
・96.78決済
・96.53買い
・96.28買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+2,250円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+740,831円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
37.04%




金曜は決済1回の後新規6回、そしてまた決済2回、
さらに最後は新規2回という形でしたから
新規と決済が両方約定して効率良いパターンとなっています。

こういう風に1日で新規も決済も約定するというのは
豪ドル25銭設定の大きな特徴でもあるんですけど
この設定は昔からトラリピブログを書かれている
トラリピ研究者さんの設定を参考にしたもの。

過去の膨大なデータから事前に検証をされたうえで
さらに実践してそのデータの裏付けを取っておられますし、
最も資金的に安全で、なおかつ回転が良くて利益も出る、
というのが自分でもこの1年7ヶ月でしっかり体感できました。

また5月の暴落でも全く大丈夫だったわけですけど
過去の暴落でも全然危なげない維持率でしたし、
なおかつ約定回数が多いので、利益が出て証拠金が増え
どんどん維持率が上がっていくという面白い設定でもあります。

またトラリピ研究者さんによると、9月から年末年始にかけてが
毎年恒例のトラリピ稼ぎ時になるということを書かれていて
実際にその通りになったんですけど、研究者さんによれば
今年はこのままお盆まで続くのではないかと書かれているので
この時期だけ注文量を増やしたりするのも面白いかもしれません。



日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



6月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【6/30までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せプレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2j0129.jpg


COMMENT 0