スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドル1000通貨トラリピFX】豪ドルトラリピ特有の効率的約定!ADP全国雇用者数やベージュブックでドル円は100円割るか?

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証425日目となる6月4日火曜日の豪ドルトラリピは、
新規注文4回、決済注文1回と前日とは逆のパターンに。

ドル円が戻す中で豪ドルは下落したんですけど
前の日は逆に上昇していて決済が進んでいたので
月曜火曜の2日間トータルでは新規6回、決済6回と同数。

つまり全くポジションの量は増えずに、利益だけが6回分増え、
その利益で証拠金が増えて維持率も上がって安全性が増しているので
豪ドルトラリピ25銭間隔設定の特徴が良く出ています。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から425日が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は1,614回に増加。
総利益額は+745,331円、利率換算では37.27%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして6月4日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・96.78買い
・97.03決済
・96.78買い
・96.53買い
・96.28買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+750円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+745,331円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
37.27%




今回はドル円が100円割れの後まだ下落していくか、戻すか、
というところが相場のポイントになってたわけですけど
そういう中でも豪ドルは我関せずみたいな感じで動いているので
結構面白いなと思いますね。

まあでも昔からトラリピブログを書かれているトラリピ研究者さんは、
以前からこの豪ドルの特性を調べた上で設定を組まれたわけで、
それを参考にして設定したわけですから、こうなるのも当然かなと。

トラリピブログを読むと、トラリピ研究者さんが設定に至るまでには、
過去の膨大なデータを元に長い時間をかけて検証されて、
最も効率が良く、中長期的に利益が出せて、暴落でも安全な設定ということで、
現在の豪ドル25銭間隔設定に3000通貨を組み合わせるという結果が出て、
それをトラリピに設定されているだけに、盤石の状態。

実際に自分もそれを参考にしてトラリピをやってますけど
今まで1年7ヶ月ちょっとやってきて、約定しなかった日は月1回ぐらい。

この回転率と効率の良さで、なおかつ大暴落も何度かありましたけど
一度も危ないと思ったことがないというか、危ないと思う段階よりも
もっと前ぐらいの余裕の状態で、むしろこれまでの大暴落は
全てトラリピの稼ぎ時になるという面白い体験ができました。

それでいて昨年10月半ばに1年経過した時点で年利18%だったものが
そこから7ヶ月半で37%を超えているわけですから、倍近いペース。

サラリーマンの自分にとっては副収入として十分すぎるぐらいですし
研究者さん情報によると、アベノミクスやユーロ問題
そして実質先延ばしになっているアメリカの財政問題があるので
お盆あたりまではトラリピ最大の稼ぎ時が続くと書かれているため
次の大きな稼ぎ時である9月からのトラリピの稼ぎ時に繋がりそうですし
そうなると来年の年始までは稼ぎ時となるわけですから、
まだまだ期待して良いかなと思っています。



日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



6月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【6/30までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せプレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2j0129.jpg


COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。