【豪ドル1000通貨トラリピFX】バーナンキFRB議長講演でQE早期縮小観測後退!トラリピは新規6回。

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証451日目となる7月10日水曜日の豪ドルトラリピは、
バーナンキFRB議長講演で、QEの早期縮小観測が後退したことで
一気にドル売りが進み、豪ドルもその流れに引っ張られて下落。

そのため水曜は新規のみ6回約定でしっかり仕込みが出来ました。

ちなみに今週のトータルでは新規8回、決済7回とバランスよく、
ポジションの変化は1回分しかないのに、利益は7回分出ていて、
その利益で証拠金が増えて維持率が上がり、安全性は週初に比べて
確実に上がっているというわけで、これぞ豪ドルトラリピ25銭間隔設定の特徴です。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から451日が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は1,871回に増加。
総利益額は+833,194円、利率換算では41.66%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして7月10日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・92.53買い
・92.28買い
・92.03買い
・91.78買い
・91.53買い
・91.28買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+833,194円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
41.66%




水曜はバーナンキFRB議長会見から急激に下げて、
ドル円は98円台にも入ったわけですけど、
そういう相場でも豪ドルはしっかり仕込みが出来て、
前述のように週単位では新規と決済が近い数となり
効率良く約定するというパターンが続いています。

こういう約定の仕方だと、ポジションの総量はほとんど変わらずに
利益だけ増えていきますし、その利益で証拠金も増えていくので
1週間前とほとんどポジション量は変わらなくても安全性が高まっている、
ということも良くあるので、嬉しいパターンですね。

こういう約定の仕方がかなり頻繁にありますので
やはり豪ドルトラリピ25銭設定というのは秀逸だなと。

現在の設定はこれもトラリピ登場の初期の頃からトラリピブログを書かれている
トラリピ研究者さんが事前検証の結果設定された安全性が高く効率的に稼げる、
という豪ドルトラリピ25銭間隔設定を参考にした結果で、
過去の膨大なデータを元にして、最も約定ペースが良くて、
なおかつ資金も安全で、大暴落でも大丈夫な通貨と値幅は何か、
ということを長い時間研究された結果、豪ドル25銭で3000通貨
というのがベストという結論に至られたというものです。

実際に自分で1年9ヶ月近くやってきて、大暴落も何度かありましたけど
本当に暴落が気にならないぐらい平気でいられる安全性でしたし
逆に上に決済が続いて全決済されたことも何度もありました。
さらにこの間約定しなかった日は月平均1日という回転率の良さ。

そして利率換算でも、昨年10月半ばに1年経過した際に18%だったのが
そこからの9ヶ月近くで41.66%ですから、今年はハイペースです。

さらにトラリピ研究者さんによると、
今年はアベノミクスやユーロ問題の影響で、
通常なら年始相場で終わる稼ぎ時がまだ終わっておらず、
このまま次の稼ぎ時まで繋がって、過去最長の稼ぎ時になり、
なおかつこの10年で最大のトラリピ稼ぎ年になるのでは、
と書かれていますので、今後もまだまだ楽しくなりそうです。




日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



9月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【9/30までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せプレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2j0129.jpg

COMMENT 0