【豪ドル1000通貨トラリピFX】来週はバーナンキFRB議長議会証言やG20でトラリピさらにチャンスか

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証453日目となる7月12日金曜日の豪ドルトラリピは、
また豪ドルの下落が続いたため豪ドルトラリピは新規3回。

結果的に今週は新規18回、決済12回となりましたが、
先週が新規15回、決済18回でしたので、合わせて新規33回、決済30回と
ポジションの変化は3回分増えただけで、利益は30回分出ていて
この利益で証拠金が増え、維持率が上がり、安全性もアップする、
という豪ドルトラリピ25銭間隔設定の特徴的約定パターンが続いています。

また来週もバーナンキFRB議長議会証言やG20などのイベントがあるため
動きが大きくなれば、豪ドルトラリピは絶好の稼ぎ時になるかなと思います。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から453日が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は1,886回に増加。
総利益額は+836,944円、利率換算では41.85%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして7月12日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・90.53買い
・90.28買い
・90.03買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+836,944円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
41.85%




豪ドルトラリピ25銭間隔設定の大きな特徴としては
大暴落がきても全然びくともしない安全性にありますし
この際調整で下落してくれたら面白いかなと。

またそろそろトラリピ開始から1年9ヶ月が経過するわけですけど
昨年10月半ばに1年経過した時点で年利18%だったものが、
そこから9ヶ月で42%近くまで来ていますので、昨年の倍まではいかずとも
それに近いぐらいの約定ペースがこの9ヶ月間続いていることになります。

これは、以前からトラリピ研究者さんが予想されていたことで
元々トラリピは毎年9月から年末年始が、年間最大の稼ぎ時らしいのですが
今年はアベノミクスやユーロ問題、アメリカのQE縮小見通しなど
大きな材料があることで、稼ぎ時が年始で終わらず続いていて
このままお盆ぐらいまでいきそうだとのこと。

まさにこれを裏付けるような約定ペースなわけですけど
ポジションが一方的に増えたりすることもない設定ですし
過去何度もあった大暴落でも全く危なげないどころか
逆に暴落とその後の戻しでガッツリ稼げたりして
豪ドルトラリピ25銭間隔設定の本領発揮という感じでした。

この設定もトラリピ登場の初期の頃からトラリピブログを書かれている
トラリピ研究者さんが事前検証の結果設定された安全性が高く効率的に稼げる、
という豪ドルトラリピ25銭間隔設定を参考にした結果なんですけど
トラリピ研究者さんが過去の膨大なデータを元に、最も効率が良くて安全で
なおかつ永続的に利益が出ていく通貨と値幅の組み合わせは何か、
ということを抽出された結果出てきたのが豪ドル、25銭間隔、3000通貨、
という設定が一番最良という結果が出たそうです。

またこの設定はほとんど毎日約定して、動きが少ない日でも約定し
利益が増えていくため、証拠金そのものが増えますから
だんだん安全性も増すという面白い組み合わせというか
奥が深い設定だなと思います。




日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



9月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【9/30までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せプレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2j0129.jpg

COMMENT 0