【豪ドル1000通貨トラリピFX】バーナンキFRB議長議会証言は柔軟姿勢示し小動き。それでもトラリピは決済1回でスワップも

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証456日目となる7月17日水曜日の豪ドルトラリピは、
注目のバーナンキFRB議長議会証言で、上下動しましたが、
何か新しい方向性が出るような動きにはなりませんでしたので
非常に小動きとなりましたが、それでも決済注文が1回約定。

スワップ金利も乗って、小動きでも約定するというのは
豪ドルトラリピ25銭間隔設定の特徴でもありますし、
大暴落相場でも小動きでも両方稼げるというトラリピ設定は
やはりやっていて面白いですね。

また今日も上院でバーナンキFRB議長の議会証言がありますが
昨日は柔軟姿勢を示しているというか、混乱を落ち着かせる、
みたいな姿勢だったので、今日もどの程度動くか微妙ですけど、
あまり動かなくても約定するのも豪ドルトラリピ25銭間隔設定ですし
どちらに転んでも楽しみです。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から456日が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は1,894回に増加。
総利益額は+843,123円、利率換算では42.16%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして7月17日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・92.03決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+857円(うちスワップ金利107円)



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+843,123円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
42.16%




最近はまた決済が中心の約定となってきているので
利益もしっかり出ていますし、スワップ金利の恩恵も結構あります。

こうなってくるとポジションは減ってきていますので
次の決済のための仕込みも出来てくれれば嬉しいですけど
この設定なら途中でまた新規も絡んでくると思うので
そこは心配しなくても良いかなと。

豪ドルトラリピ25銭間隔設定にしてからずいぶん経ちますけど、
この設定の大きな特徴は、短期的でも、数ヶ月単位でも
同じようなところで上下に動いていく感じになるので
ポジションの総量はあまり変わらないままで利益だけが増えることです。

つまり資金効率がとても良く、出た利益で証拠金が補強され
さらに安全性が増すという良いスパイラルになりますから
絶妙な設定だなと改めて思いますね。

この設定はトラリピ登場の初期の頃からトラリピブログを書かれている
トラリピ研究者さんが事前検証の結果設定された安全性が高く効率的に稼げる、
という豪ドルトラリピ25銭間隔設定を参考にした結果で、
過去の膨大なデータを元に色々な通貨と値幅の組み合わせを検証された結果
最も約定ペースが良くて、安全で、大暴落でも大丈夫な組み合わせが
豪ドルで25銭間隔で、3000通貨という組み合わせだったそうです。

実際に自分で1年9ヶ月やってきて、大暴落も何回も経験しましたけど
これほどまでに余裕で構えていられるかというぐらい安全でしたし
逆に上昇が進んでポジションが全決済される嬉しい展開もありました。

それでいて昨年10月半ばで実践から1年経過した時点で年利18%だったのが
そこからの9ヶ月で42%まで上がってきていますし、この実践検証の間、
約定しなかったのは月平均1日程度ですから回転率もすごくて、
これでコツコツ利益が出て行くのでまあ面白いというのが本音です。

そして研究者さんによると今年はユーロ問題とか
アメリカのQE縮小問題、日本のアベノミクスの影響もあって
昨年秋から続く毎年恒例トラリピ年間最大の稼ぎ時が、
通常終わる年始で終わらずに今まで続いていて、
このままお盆まで続いて次の稼ぎ時とドッキングする、
という予想をされていますから、今後も期待して良いかなと思います。




日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



9月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【9/30までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せプレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2j0129.jpg

COMMENT 0