スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドル1000通貨トラリピFX】週末の利益確定売り出るか。朝は円安のあと円高株安に。G20もあり

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証457日目となる7月18日木曜日の豪ドルトラリピは、
全体に円安が進みましたが、豪ドルは最初に下げていたので、
新規1回、決済1回と効率的約定となりました。

またバーナンキFRB議長の議会証言2日目は特にインパクトもなく終わり、
今日は週末で、G20が開催されたり、ファンドなどの利益確定もありそうですし、
あとはリスク選好からの株高と円安が続くか、反転するかで
トラリピの約定パターンも変わってくるかなと。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から457日が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は1,896回に増加。
総利益額は+843,873円、利率換算では42.19%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして7月18日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・91.78買い
・92.03決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+750円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+843,873円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
42.19%




木曜は豪ドルが朝に一度下げた後戻ったので、
新規決済が1回ずつで効率的約定となっていますし、
ポジションの数が増えずに、利益だけ増えて、
その利益で証拠金が増え、維持率が上がり、安全性が上がる、
という豪ドルトラリピ25銭間隔設定の特徴が良く出ています。

そして利率換算でも42%を超えてきましたし
昨年10月半ばにトラリピ検証開始から1年経過した時点で
年利18%だったのを考えると、そこからの9ヶ月は
かなりのハイペースで利益が増えているなと。

元々豪ドルトラリピ25銭間隔設定というのは
大暴落が来ても全然大丈夫なように設計されていて
それゆえに先日の大暴落とそこからの戻しが
逆にチャンスとなっているわけです。

つまり多くの人がびっくりしたり、困るような相場が
逆にすごいチャンスになるというトラリピ設定ですし
動きが小さくても高回転で約定するこの設定は
約定しない日が月に平均して1日ぐらいしかありません。

なのでほぼ毎日約定して利益を生み出すわけで、
それで1年目は年利18%、2年目は9ヶ月で24%を上乗せしており、
ここまでのトータルで42%ですから、サラリーマンの自分には
十分過ぎるぐらいの利益ですし、それが全く画面を見なくても良いぐらい
安全なままで稼ぎ出せたことに驚きを感じます。

これもトラリピ研究者さんが膨大な過去データから
最も資金的に安全で、なおかつ回転が良くて利益も出る、という組み合わせは
どの通貨とどの値幅で、どのぐらいの注文量かということを
長い時間かけて見つけ出された結果。

その研究者さんは以前から、今年は毎年恒例の稼ぎ時である
9月から年末年始のトラリピの稼ぎ時が延長状態になっていて
このままお盆まで続くと分析されていました。

やはりアベノミクスやユーロ問題、アメリカのQE縮小問題など
大きな材料があるからだそうですけど、そう思うと今年のトラリピは
近年にない稼ぎ時になると思いますので、非常に期待出来るなと。

そしてお盆まで続けば、また次の毎年恒例かつ年間最大の稼ぎ時が
お盆明けから始まりますから、そこまで連続することになるので
年始までトラリピはかなり稼げるということになるので
利率換算でどこまで行くか非常に楽しみです。




日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



9月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。

【9/30までの期間限定!】当ブログからの申し込み限定!
1000円上乗せプレゼント!
→http://www.m2j-3.biz/

m2j0129.jpg

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。