スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドル1000通貨トラリピFX】豪住宅建設許可件数の悪化で豪ドル下落!トラリピも新規4回。今日はFOMC

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証465日目となる7月30日火曜日の豪ドルトラリピは、
オーストラリアの6月住宅建設許可件数が悪かったことで
豪ドルが売られて新規注文が4回約定してさらに仕込みに成功。

そして今日はFOMC政策金利・声明発表が予定されていますし、
その前にもアメリカのADP全国雇用者数や、GDP速報値の発表もあり
動きはかなり期待できるので、豪ドルトラリピでも
約定量が増えるとともに、決済が混じるかなと思います。

これで豪ドル3000通貨トラリピ初期設定から465日が経過し、
トラリピ自動売買注文約定回数は1,922回に増加。
総利益額は+849,474円、利率換算では42.47%となっています。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして7月30日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・89.78買い
・89.53買い
・89.28買い
・89.03買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+849,474円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
42.47%




火曜は豪ドルは下げましたけど、他の通貨はそうでもないですし、
今日から週末にかけての重要イベントで動きが活発になれば
豪ドルトラリピ25銭間隔設定には絶好の相場になるかなと思います。

元々この豪ドルトラリピ25銭間隔設定というのは
ポジションが出来てもすぐに決済されて利益に変わりますし
元々大暴落が何度か連続してきても大丈夫なようになっている
今のトラリピ設定では、逆に暴落してもチャンスになりますから
この際ドさらに下げても良いですし、上げれば上げたで
また決済が進んで利益が増えるのでどっちに動いても良いなと。

この設定はトラリピ研究者さんが長い時間をかけて抽出されたもので、
過去の膨大なデータを元に、安全性と回転率とを両立させながら
最も利益が効率的に出て、暴落でも安全な組み合わせを考えられた結果で
それを参考にして自分もトラリピ設定を組んでいます。

そして実際1年経過した昨年10月半ばで年利にして18%が稼げましたし
そこから9ヶ月で42%超えという凄まじいペース。

しかもこの間大暴落が来た時でも、安全どころか
むしろもっともっと暴落してくれても良いぐらい余裕で、
そこでポジションをしっかり仕込んで、上昇時に決済されることで
かなりの利益を出すことが出来て今まで来ています。

そして研究者さんが以前から書いておられたように、
9月から年末年始はトラリピ最大の稼ぎ時というのが
こちらもまさにドンピシャでがっつり稼げましたし
今年はまだまだ続いて秋からの次の稼ぎ時に繋がり、
来年の年始まで続くという予想をされていますので
この時期だけトラリピを仕掛けるという方法とか、
この時期だけ注文量を上げるという方法も
かなり面白いアイデアなのではないかなと。

自分はとりあえず1年間回してみて、かなり安心して回せたので
ずっと途切れずにこの設定で回し続けるつもりですけど
新たに始める方は、稼ぎ時だけこの設定でしかけておいて
その後は外しても良いですし、ずっとこの設定で仕掛けつつ、
ガッツリ利益を取るというどちらの方法でも
かなり安心して出来るのではと思います。



日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



9月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで1000円上乗せ!
最大21,000円&トラリピの教科書プレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
m2j20130803a.jpg
m2j20130803.jpg

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。