スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【バイナリーオプション攻略法実践検証436日目】ドル円円高下落の節目94円も見える

バイナリーオプション攻略法実践検証436日目
水曜は円高狙いのバイナリーオプション攻略
夕方の相場で狙えるかと思いましたが、

結局らくらくテクニカルのサインが良くなくて様子見。
その後反発してましたから、様子見で良かったなという感じです。

また毎年夏は円高になることで有名ですが、
昨日の安値を見た後に、プラチナチャートの平均足分析で
ドル円の節目を見てみたんですけど、96円を割ったら94円、
というところが見えてくる感じですね。

2000年以降の8月は13回中11回が円高なので
このあたりを見据えたバイナリーオプション攻略を考えて
戻せば様子見というのがやっぱりベストっぽいです。

他の通貨の平均足分析でも結構節目は下で見えてますし
中長期分析では5月ぐらいから円高傾向が見えていたので
「インヴァスト証券のらくらくテクニカル」でも
円高サインのときに攻めるのが良いかもしれません。


ちなみにチャート予想ツールは、
GMOクリック証券のプラチナチャートで、
平均足を使う予想方法。

gmo20130803.jpg


暴落などの危険性をこれまで何度も事前に察知できたわけですが、
使い方も非常に簡単で、初心者の方でも余裕で使えます。

使い方

・まず口座開設 → ログイン → プラチナチャート起動 → 「平均足」を選ぶ



・青色の陰線が連続すると売りサインと判断
・赤色の陽線が連続すると買いサインと判断

<ポイント>
足の長さが重要で、直近の日足の場合、7月26日で売りサインとなりますし、
5月中旬からの暴落相場もこれによってあらかじめ予想出来ました。

逆にさらに素早く危険を察知する方法をとりたい場合、
足を短くして8時間足あたりにする方法もありますが、
これだとちょっとダマシに引っかかる可能性が増えます。

もっとも、リスクを避けるという観点だけで考えれば
8時間足も有効なので、日足と8時間足を両方使うことで
円安か円高かの傾向を見て、そっち方向だけ攻めるという
バイナリーオプション戦略もとることが可能
です。


ちなみにこのツールは、口座を持っていれば無料で利用できますし、
GMOクリック証券は、オリコンランキングで顧客満足度NO.1で、
予想ツールを使いつつ、裁量取引も行うのも面白いと思います。

【期間限定】最大6,000円キャッシュバックも実施中
→GMOクリック証券無料口座開設申込詳細
(所要時間約10分ほどで完了します)



8月のバイナリーオプション取引結果
・8月1日のバイナリーオプション取引結果
・8月2日のバイナリーオプション取引結果



またシストレも同様に、平均足分析では円高示唆なので
円高方向に強いストラテジーを複数組んでいくと
ポートフォリオとしても安定感が出るかな、
なんて思っています。

※今実践検証中のシストレ詳細
→シストレ実践検証 QuickShift[GBPUSD]カテゴリ
→シストレ実践検証 Slalom[USDJPY]カテゴリ



バイナリーオプション(2011年12月1日開始以降)の確定利益額
+1,124,650円

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。