【豪ドル1000通貨トラリピFX】豪ドル円高予想節目87.4、86、83、円安節目90.20

豪ドル1000通貨単位でのトラリピFX
実践検証484日目となる8月26日月曜日の豪ドルトラリピは、
相場の動きが小さく久しぶりに約定なしの1日となりました。

ただ今日は円高気味で動いていますし、豪ドルについては
5月23日の記事で予想した87.4円の節目にまた接近しています。

先週はこの円高節目が機能して反発しましたけど
ここを割れば86円、83円も見えてくるので
今週のトラリピは面白くなりそうですね。

またシストレでは豪ドルを入れてませんけど、
ドルの動きで結構成績が決まってくる部分があるので
ストラテジーを追加して通貨の幅を広げていくことを
今後の課題としたいなと思います。

<今実践検証中のシストレ詳細>
→シストレ実践検証 QuickShift[GBPUSD]カテゴリ
→シストレ実践検証 Slalom[USDJPY]カテゴリ


現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして8月26日の約定は無し。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
なし



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+884,340円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
44.22%



逆に円安方向に戻した場合の予想節目は
8月14日の記事で予想した90.20になりますし、
前回はここで頭を押さえられたという形になったので
円高予想節目の97.40と円安予想節目の90.20が
しっかり機能すればレンジ相場になるかもですし
そうなると豪ドルトラリピ25銭間隔設定では取りやすくなります。

この設定は、トラリピブログの大御所、トラリピ研究者さん
過去の膨大なデータから事前検証されて、最適な値幅、通貨、
注文量のバランスを考えて作られた設定なんですけど、
これまで1年10ヶ月以上まわしてきて、約定しなかったのは
月平均1日あるかないかという回転率の良さ。

それでいて昨年10月半ばでトラリピ実践検証開始から1年経過して
年利18%だったのが、そこから10ヶ月で44%ですから
かなり今年のペースは良いということになります。

そして研究者さんによれば、毎年恒例かつ年間最大の稼ぎ時が
お盆明けから年末年始で、ここは毎年トラリピで稼げるとのことで
実際昨年も自分はそうなりましたから、今後数ヶ月は期待できそうかなと。

またトラリピの稼ぎ時ということは相場の動きが出るということであり、
それはシストレでも同様にチャンスということだと思いますから、
マネックスJooの相関チャートで低リスクな通貨をおいかけつつ、
ストラテジーの変更や追加をしていきたいなと思っています。

現在だとドル、ユーロ、ポンド、スイスのグループと
資源国が結構離れているので、特に選びやすいかもですね。

joo20130823as.jpg

※口座を持ってれば無料!相関チャート面白いです
→マネックスJooの相関チャート


<今実践検証中のシストレ詳細>
→シストレ実践検証 QuickShift[GBPUSD]カテゴリ
→シストレ実践検証 Slalom[USDJPY]カテゴリ



日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



9月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで1000円上乗せ!
最大21,000円&トラリピの教科書プレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
m2j20130803a.jpg
m2j20130803.jpg

COMMENT 0