【バイナリーオプション攻略法実践検証464日目】FOMCでバイナリーオプション狙い目

バイナリーオプション攻略法実践検証464日目

月曜は祝日でしたが台風もすごかったので
外出せずにバイナリーオプション攻略できるかな、
と思いましたが相場が動かず、らくらくテクニカル(過去記事)
まったく良いサインが出ませんでしたので断念。


相場はFOMC前ということもあって動きにくそうですけど、
逆に言えばFOMC前後で何かしら判明してくれば
急に動きが出る可能性が高い相場と言えますから、
バイナリーオプションの狙い目になるかなと思います。

また焦らなくても、今月は半月で5回取引していて、
4勝1敗と成績も納得ですし、過去の取引の平均が週1なので
最近は少し取引回数も増やせてきたかなという実感もあり
バイナリーオプション攻略の幅が広がったかなと思っています。

9月のバイナリーオプション取引結果・4勝1敗
・9月2日のバイナリーオプション取引結果
・9月4日のバイナリーオプション取引結果
・9月6日のバイナリーオプション取引結果
・9月10日のバイナリーオプション取引結果
・9月13日のバイナリーオプション取引結果


これらの取引も為替見習さんバイナリーオプション攻略法を元に
勝率が高く見込める相場を狙って攻めた結果なわけですけど、
最近取引回数が増やせてきたなという一番大きな要素としては
為替見習さんの力関係レポートを読んだことが大きいですね。

例えば先週金曜から現在までの相関チャートを見てみると、
豪ドルとかポンドが強いので、今バイナリーで狙うなら
これら2通貨を買い方向で狙うという感じ。

20130916s.jpg

 →為替見習さんのFXブログにある力関係活用法記事


ちなみにこれはマネックスJooの相関チャートを使う方法なんですけど、
例えばバイナリーオプションで仕掛ける前の段階で、
大きな流れとして日足、1時間足、1分足で通貨の強弱を見て
らくらくテクニカルのサインとあわせることでより精度を上げる、
という使い方をしていくものです。

たとえば日足、1時間足、1分足を見るとこういう感じ。

日足
joo20130831s.jpg


1時間足
joo20130831as.jpg


1分足
joo20130831bs.jpg


基点を25本前にすると、日足だと約1ヶ月前からの強弱、
1時間足だと約1日前からの強弱、1分足だと30分前からの強弱、
という感じでどの通貨が強く、どの通貨が弱いかがわかるので、
それとらくらくテクニカルのサインを合わせて見ていくことで、
最もリスクが低い通貨と方向性を抽出するという感じ。

そうすれば少なくともムダに弱い組み合わせを選ぶことは無くなるわけで、
負けそうな相場を回避することにも使えますし、勝率のアップにつながり
利益増加ペースが効率的になるというわけです。

また月曜は台風で外に出なかったので、
シストレでもさらにストラテジーを選ぶべく
力関係レポートを元にして良いものを絞ったので
今後さらにシストレでも稼いで行ければと思います。

※使わないと損!口座保有だと無料!相関チャート
→マネックスJooの相関チャート

※今実践検証中のシストレ詳細
→シストレ実践検証 QuickShift[GBPUSD]カテゴリ
→シストレ実践検証 Slalom[USDJPY]カテゴリ



バイナリーオプション(2011年12月1日開始以降)の確定利益額
+1,180,450円
←過去の取引履歴は左サイドバーで


常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。


バイナリーオプション勝率UPのためのツール
過去の類似率で未来を予測するチャート!入金しなくても使えます
インヴァスト証券のらくらくテクニカル詳細
http://www.invast.jp/

自分が取引しているバイナリーオプション提供FX業者は以下の2社
通貨の種類が多く、判定時間も色々で最も活用しやすいFXTF↓
→FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプション詳細
https://www.fxtrade.co.jp/lp/highlow.html

100円から投資できる手軽さがオススメ。↓
→GMOクリック証券のバイナリーオプション詳細
https://www.click-sec.com/

COMMENT 0