スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドル1000通貨トラリピFX】円安予想節目94円中盤、円高予想節89円

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証509日目となる
9月30日月曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
前半の円高、後半の円安で新規3回、決済4回と
豪ドルトラリピ25銭間隔設定らしい効率的約定に。

つまりポジションは1回分しか減っていないのに、
利益は4回分出て、この利益で証拠金も増強されて
維持率も上がって、安全性もアップするという流れで、
これは豪ドルトラリピ25銭間隔設定特有のものですね。

現在のトラリピ設定は以下のとおり。


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



そして9月30日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・91.28買い
・91.03買い
・91.28決済
・91.03買い
・91.28決済
・91.53決済
・91.78決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+3,000円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+944,544円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
47.23%



また節目としては、円高予想節目の89円まで到達せず、
その手前で戻して、9月20日の記事で書いた節目の91.5円付近で、
またNYクローズを迎える形となっていますから、
この91.50も今後は重要な位置になるかなと思います。

この節目は、マネックスFXの無料情報ツールである、
「テクニカルポイント」(過去記事)でも同様の節目が出ていたものですし、
ここで踏ん張れば円安方向に戻せるかという感じで、
逆にNYクローズで割れば89円も見えるかなと。

・過去記事→節目の出し方



また通貨の強弱を為替見習さんの力関係レポートを参考に
マネックスJooの相関チャート※で通貨の強弱を見てみると、
先週後半にかけて弱くなった豪ドルが、
また復活してきているので、この調子が続けば
円安予想節目の94円中盤、97円も現実的ですね。

joo20130930.jpg

過去記事→通貨の強弱で勝率を上げる


あとは今日のRBA政策金利・声明発表の結果とか
ECB政策金利発表やドラギ総裁会見とか、
週末の雇用統計とかがあるので、荒れる可能性も高いですし
そうなるとまた都度分析していければと思います。



日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



12月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで1000円上乗せ!
最大6,000円&トラリピの教科書プレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
trcpn20131231.jpg

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。