【バイナリーオプション攻略法実践検証476日目】米財政協議続く。豪ドル円円高狙いのBO攻略成功

バイナリーオプション攻略法実践検証476日目

水曜は朝からの円高の流れを踏まえたうえで、
昼休みにバイナリーオプション攻略法(過去記事)を使って
豪ドル円で円高方向に攻めてみました。

過去記事→バイナリーオプション攻略法

今回は豪ドル円を選んで取引したわけですけど、
まず為替見習さんの力関係活用法を元に、
マネックスJooの相関チャートで最も低リスクな通貨を調べたところ、
それまで強かった豪ドルが弱い状態になっていましたので
円高という要素と合わせると、豪ドル円が最もリスクが低いなと。

これは今日改めて基点を昨日の朝にして見たものでも
今でもまだ豪ドルが弱いというのがわかります。

joo20131002.jpg

過去記事→通貨の強弱で勝率を上げる



またFX未来予想ツールのサインは、
短い時間軸から長い時間軸までサインが強く出ていて
判定時間はちょうど3時間ほどで過去に勝てたパターンに近く、
勝率は高く見込めるのではないかと判断しました。


ちなみにFX未来予想ツールサインは
以下のような感じで出ました。

15分足↓
bo20131002.jpg


30分足↓
bo20131002a.jpg


1時間足↓
bo20131002b.jpg


また金額はいつも通り12,000円で実行。
判定時間は4時間単位のものを選んだので、
今回もFXトレードフィナンシャルでの取引です。

今回も昼休みの終了間際、12時50分頃に仕掛けたので
この後はまた普通に仕事で、画面を見れたのは最初だけ。

でもバイナリーオプションは仕掛ける前がとても重要で、
その後は見ていようが見ていまいが結果は同じなので
そういう意味では今回も事前の分析から仕掛けまで
自分で納得できるものだったので、やることはやった、
という感じでした。

で、結果は残業前の休憩時間にチェックしたんですけど、
判定時間では32銭下がった状態となっていて無事勝利。

結果12,000円投資に対して22,200円戻しで、
今回は+10,200円となり、今月最初の取引で勝てたのは
気持ちの上でもかなり良かったかなと思います。

今回も為替見習さんバイナリーオプション攻略法を参考にした、
バイナリーオプション攻略法(過去記事)で勝てる可能性が高いか、
ということを意識して取引を実行したのですが、
前回と同様に通貨の絞り込みの効果がすごく出たなと感じました。

火曜まで同じ相関チャートでは豪ドルが強めでしたから
そのときは眼中になかったんですけど、そこから弱い位置に来る、
ということは、その差も最も大きいということになるので
これは完全に豪ドル狙いだ!と即決できましたし、
判断時間の短縮と同時にリスクが低い通貨を選択できるのは
バイナリーオプションにとってかなり強力な効果があるなと。

過去記事→通貨の強弱で勝率を上げる


また取引回数の増加もこの強弱を見ることで実現できた、
というのはこの2ヶ月間の結果から明らかですし、
今月も同じようなペースで10回ぐらい出来れば良いなと。

ただ回数が目的ではないので、あくまで結果ですから、
勝てる可能性が高いと思える相場だけを狙う、
というバイナリーオプション攻略法を実践したいと思います。



バイナリーオプション(2011年12月1日開始以降)の確定利益額
+1,219,450円
←過去の取引履歴は左サイドバーで


常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。



自分が取引しているバイナリーオプション提供FX業者は以下の3社
・通貨の種類が多く、勝ちやすい判定時間があるFXTF
・ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円を主に取引。
・18時20分、20時20分など、2時間おきに来る判定時間狙い
→FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプション詳細
http://www.fxtrade.co.jp/bo/bt/lp/index_fxtf.html


・判定時間の選択しを増やせるトレイダーズ証券
・ドル円、ユーロ円、ポンド円の3通貨ペア
・19時12分、21時12分、といった具合にFXTFより1時間ほどずれているため
 この2つの業者を使えば1時間ごとに判定時間を狙うことが可能
→トレイダーズ証券のバイナリーオプション詳細
http://min-fx.jp/bo/


・取引時間が長いGMOクリック証券
・通貨はドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルの4通貨ペア
・判定時間は17時、19時といった間隔で2時間おきだが、
 開始時間から終了まで3時間あるので長い取引が可能
→GMOクリック証券のバイナリーオプション詳細
https://www.click-sec.com/

COMMENT 0