【豪ドル1000通貨トラリピFX】中国流動性引き締めで円高!トラリピは理想的約定パターン

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証526日目となる
10月23日水曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
中国が流動性引き締めを行って短期金利が急上昇したとかで、
急激な円高相場となりましたけど、おかげで決済1回、新規7回と、
最近の決済ラッシュで空いたスペースにポジションを仕込めて
トラリピとしては理想的な約定パターンとなりました。
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



10月23日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・95.53決済
・95.28買い
・95.03買い
・94.78買い
・94.53買い
・94.28買い
・94.03買い
・93.78買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+750円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+978,442円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
48.92%



昨日はしっかり新規が仕込めたわけですけど、
最近は5月からの暴落時に出来たポジションの決済が続いていて
かなりポジションが減っていたので、上手い具合に仕込めましたし、
これぞ豪ドルトラリピ25銭間隔設定の特徴といえますね。

こういう特徴があるから豪ドルトラリピ運用者の81%が儲けている、
という実績が出るのかもしれません。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?


なにより昨年10月半ばにちょうど1年経過した時点で年利18%だったものが、
そこからの1年で30%を稼いで、2年経過した現在で48%を超えていますから
今回の大きな円高から動きが大きくなればさらに面白くなるかなと。

このように数ヶ月単位でも週単位でもうまく上下に動いて、
ポジションの量があまり変わらずに利益だけ積み上がるのは
豪ドルの大きな特徴ですし、これが豪ドルを選択して
トラリピを仕掛ける一番の利点かもしれません。

自分がトラリピを始めてから2年以上が過ぎたんですけど
同じようなところで上下して新規と決済が繰り返されるので
利益が増えて、証拠金が利益によって増強されますから
どんどん安全性は増しながら、利益が積み上がっています。

これは豪ドル25銭設定の秀逸なところかなと思うんですけど
この設定はトラリピ研究者さんが考えられたものを参考にしていて
過去の膨大なデータを元に色々な通貨と値幅の組み合わせを検証された結果
最も約定ペースが良くて、安全で、大暴落でも大丈夫な組み合わせが
豪ドルで25銭間隔で、3000通貨という組み合わせになったそうです。

実際に自分でも大暴落は何回か経験しましたし
逆に上昇してポジションがすべて決済されることも経験し
色々な相場に遭遇しましたけど、危険を感じたことは一度もありません。

それでいてほぼ毎日約定して、今まで約定しなかったのは
月に1回あるぐらいですから回転率も凄まじいです。

また研究者さんによると9月から年末年始にかけてが
年間最大のトラリピの稼ぎ時になると書かれていて
実際に昨年もそれが現実となりましたし、今年も楽しみ。

そう考えるとこの時期だけトラリピをやるというのも
結構賢い投資方法なのかなと思ったりします。

日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



12月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1,000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで1,000円上乗せ!
最大6,000円&トラリピの教科書プレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
trcpn20131231.jpg

COMMENT 0