【豪ドル1000通貨トラリピFX】来週は米指標集中でトラリピも期待

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証528日目となる
10月25日金曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
水曜の大きな下落から動きが一服しましたけど、
この小動きの中でも新規注文が1回約定して回転率の良さが出ました。
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



10月25日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・93.28買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+979,192円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
48.96%



今週は大きな下落でしっかり新規注文が増やせたわけですけど、
その前まで決済が連続していて利益が出ると同時に
ポジションが減っていましたので、そこにちょうど供給出来て、
やはり豪ドルトラリピ25銭間隔設定は効率良く約定するな、
というのを改めて感じた1週間でした。

こういう約定パターンがあるからこそ、豪ドルトラリピ運用者の
81%が儲けているという公式データが出ているんだと思いますけど、
最近はNZドルもトラリピランキングでかなり好調らしいので
年末年始にかけての稼ぎ時に追加するのも面白いかもしれません。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?

また先日トラリピ実践検証開始から2年が経過したわけですけど
この間利率で48%を達成し、200万の元手が300万近くに増えて、
維持率も上がって元々安全な設定がさらに安全性を増していて
大暴落になればなるほど儲かるというパターンが続いています。

現在の設定はトラリピ研究者さんが考えられたものを参考にしているんですけど
研究者さんが長い時間かけて膨大な過去データを検証し、
最も効率が良く、安全性が高い通貨と値幅の組み合わせは何か、
と考えられた結果出てきたのが豪ドルで25銭設定だったとのこと。

実際に大暴落寺でも全く危なげなかったどころか
もっと暴落してくれても良いぐらいの状態でしたし
全ポジションが決済されて上に抜けるということも。

また月単位とかで見ると、ポジションの量はそれほど変わらず、
利益がどんどん増えて、その利益で証拠金が増えますので
維持率はどんどん上がり、同じようなポジションであっても
どんどん安全性が増していくという絶妙なスパイラル。

さらに研究者さんは、以前から9月から年末年始が年間最大かつ
毎年恒例のトラリピ最大の稼ぎ時になると書かれていましたけど、
昨年もそれを自分で体感してかなり驚きましたし、今年も期待できそうで、
来週も米指標が多く予定されていますので楽しみです。

日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



12月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1,000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで1,000円上乗せ!
最大6,000円&トラリピの教科書プレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
trcpn20131231.jpg

COMMENT 0