【豪ドル1000通貨トラリピFX】豪中銀総裁「豪ドルは異例なほど高い」豪ドル売り

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証529日目となる
10月28日月曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
それほど動きが出ない中で決済2回、新規1回と
豪ドルトラリピ25銭間隔設定の効率的約定が実現。

しかし今日は豪中銀総裁が「豪ドルは異例なほど高い」と発言し、
豪ドル売りから全体に円高となっているので、ここで仕込めれば
トラリピはまた今週も面白くなりそうです。
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



10月28日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・93.53決済
・93.78決済
・93.53買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+1,514円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+980,706円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
49.04%



今回は2回決済でスワップも乗って利益が出た後
1回新規で仕込みも出来ていますし、ここ最近の流れをおさらいしても
決済中心で利益がガンガン出ていてポジションが減っていたところへ、
先週の下落でしっかり仕込みが出来たので、トラリピとしては理想的な流れ。

やっぱりある程度トラリピはポジションが仕込めていた方が
決済の元となりますから、円安局面の中でも新規が混ざって
しっかり仕込みと決済が両立される豪ドルトラリピは
運用者の81%が儲けているという公式データが出るだけのことはあります。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?

現在の豪ドルトラリピ設定はトラリピ研究者さん
過去の膨大なデータを抽出して検証された結果、資金的に安全性が高く
動きが小さい相場でも約定するような設定にされたのを真似ているんですけど
2年以上やってきて、暴落時でも全く危なげないどころか
もっと暴落しても良いぐらいの余裕たっぷりの状態でしたし
それでいて2年で100万近くが稼げて、原資の200万が300万近くなったわけで、
サラリーマンの自分にとっては十分すぎるぐらいの結果。

さらにこれからまだまだ年末年始までがトラリピの稼ぎ時で
毎年恒例かつ年間最大の稼ぎ時なわけですから
今後2,3ヶ月はたっぷり楽しめそうです。

そう思うと、徹底的にリスクを低くして結果を最大化するなら
この稼ぎ時の時期だけトラリピを仕掛けるというのも面白そうですし
この時期だけ資金を増やして注文量も増やすというのも
結構面白いのではないかなと思います。

日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



12月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1,000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで1,000円上乗せ!
最大6,000円&トラリピの教科書プレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
trcpn20131231.jpg

COMMENT 0