【豪ドル1000通貨トラリピFX】効率的約定続く。来週は大量約定か

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証531日目となる
10月31日木曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
ユーロが下落する動きの中豪ドルは地味な動きでしたけど、
新規1回でポジション量も仕込めて効率的約定となりました。

これで来週は各国政策金利発表や雇用統計ですから
トラリピにとって大量約定もあるかもです。
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



10月31日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・93.03買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+982,206円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
49.11%



9月からだんだん約定ペースが上がってきて、
しかも効率的に約定しやすくなってきているのは
毎年恒例かつ年間最大の稼ぎ時ならでは。

またペースが上がってもちゃんと新規と決済が混ざるので
一方的に相場が動いてポジションが増えすぎたりとか、
逆に決済が進みすぎてポジションが無くなったりとか
そういうことが無いのが本当に理想的ですね。

まあ元々大暴落しても全然大丈夫なぐらいの設定なので
片方に大きく動けばそれはそれで面白いんですが。

現在の設定はトラリピ研究者さんが考えられたものを参考にしたもので、
研究者さんが過去の膨大なデータを元に、長い時間をかけて、
最も理想的なトラリピ設定を抽出された結果、豪ドル25銭間隔で
3000通貨の組み合わせというのが出てきたとのこと。

実際これほどまでに稼げるとは予想外でしたし
1年目で年利18%、2年経過した時点で48%が全く危なげなく稼げたわけですから、
本来ならもう少しリスクを取れば年利30%とかは軽いのだと思います。

そこをあえて安全重視にされているというのは
やっぱり長く続けてこそ意味があるのが資産運用ですし
退場となったら終わりなので、とにかく安全重視なのかなと。

でも逆に言えば安全重視なのにこの成績ですから
やはり長い時間かけて出されたこの設定はすごいなと感心ですし
豪ドルトラリピ運用者の81%が儲かっているというデータの意味が
自分でもとても感じられて面白いなと思います。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?

また研究者さんによると、今年は昨年や一昨年以上にペースが良く
毎年恒例の9月から年末年始にかけてのトラリピ最大の稼ぎ時の時期も
例年より稼げるのではと書かれていますから、まだまだ面白くなりそうです。

日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



12月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1,000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで1,000円上乗せ!
最大6,000円&トラリピの教科書プレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
trcpn20131231.jpg

COMMENT 0