【豪ドル1000通貨トラリピFX】円安円高交互でトラリピ理想的約定

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証545日目となる
11月20日水曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
前の日とはまた逆に円高となって新規が4回約定。

今週は円安と円高が交互に来ているので、トラリピも決済されて
利益が出てポジションが無くなったらまた仕込みが出来て、
という感じで、毎年恒例の稼ぎ時らしい理想的な約定パターンとなっています。
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



11月20日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・94.03買い
・93.78買い
・93.53買い
・93.28買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+995,146円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
49.76%




水曜は火曜にしっかり決済がされてポジションが減った後の仕込みで
まさにトラリピにとって理想的パターンでしたし、これは昨年の今頃も
非常に多く見られたトラリピの稼ぎ時特有のパターンです。

最近は決済が多めでポジションも減ってきていましたけど、
まだ上げても決済できるぐらいのポジションはありますし
上昇すれば決済で利益が増え、下がればポジションが仕込めて
どちらに動いても嬉しい状態がまだまだ続きそうです。

しかしこの1週間でガンガン利益が出てきていますし
仕込み時と決済時の盛り上がり方も面白いなと。

本音としては一度暴落してくれたりすると
新規注文を一気に増やして仕込みが出来ますし
証拠金維持率も余裕過ぎるぐらいの状態ですから
数回暴落したって大歓迎ぐらいの状態なのですけど
上昇のペースはそれほど落ちていないようですし
まだまだトラリピはかなり楽しくなりそうです。

豪ドル25銭間隔の設定で、3000通貨という組み合わせでは
証拠金維持率が暴落時にも余裕すぎるぐらいの設定であるうえに
注文が約定しなかった日もだいたい月に1日ぐらいという回転率ですし
このまま年末年始特有の荒れ気味の相場に入っていけば
その分回転率の良さを生かして新規と決済が入り乱れ
約定回数が増えて利益も出て、資金も安全という理想系になるので。

この設定はトラリピ研究者さんが過去の膨大なデータを元に検証された結果を
そのまま真似させてもらっているんですけど、検証結果と全く同じように
最も効率が良く、安全性が高く、利益が出やすいということが
実際に自分の2年以上の取引でも体験、実証できていますし、
豪ドルトラリピ運用者の81%が儲かっているという公式データにも納得。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?

さらに毎年9月から年末年始はトラリピ年間最大の稼ぎ時であり
実際に今年も9月半ばぐらいから急激にペースが上がってきて
新規も決済も非常に多く約定してきていますから、
今後まだ2,3ヶ月はかなり稼げそうな気がします。

日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



12月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1,000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで1,000円上乗せ!
最大6,000円&トラリピの教科書プレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
trcpn20131231.jpg

COMMENT 0