スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドル1000通貨トラリピFX】トラリピ新規1回。FOMC前で模様眺めでも約定

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証563日目となる
12月16日月曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
FOMCを控えて模様眺めの相場となりましたけど、
それでも新規1回が約定する回転率の良さを発揮。

豪ドルトラリピ25銭間隔設定はこれが特徴の1つですけど
これがあるから豪ドル運用者の81%が儲かっているという
公式データも納得できるなという気がします。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



12月16日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・92.03買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,015,259円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
50.76%



月曜はFOMC前で動きにくい状態だったにもかかわらず、
ちゃんと1回約定してなかなか良い1週間のスタートが切れました。

動き自体はまたFOMC後に戻ってくると思いますし、
この回転率の良さで稼げるという特徴がありますので
膠着でもちょっとずつ約定し、大きく動けばガンガン約定と
どちらの状態になっても稼げるというのは嬉しいことです。

現在の設定はトラリピ研究者さんのものを参考にしたんですけど
研究者さんが過去の膨大なデータを元に時間をかけて抽出された結果
最も効率が良くて安全な通貨と値幅の組み合わせが豪ドル、25銭間隔、
そして3000通貨だったということで、実際に2年以上やってきて
今まで約定しなかった日は、月平均で1日あるかないかというぐらいで、
大暴落したときでも証拠金はかなり余裕があって、維持率も安全で、
もっと下げても良いぐらいの状態でした。

そして2年1ヶ月経過時点で年利50%を超え、
開始当初200万円だった資金が300万円に増えていて、
サラリーマンの自分にとっては十分すぎるぐらいのリターンです。

また今の時期は非常に約定が多くなっていますが、これも研究者さんが
以前から「9月から年末年始は毎年恒例のトラリピ最大の稼ぎ時」
と書かれていたのが、完璧にその通りになっています。

過去のデータ検証でも、実際に運用されてからも
この期間は稼ぎ時になっているそうで、何かしらの理由があるというか
複合的な相場の動きがこの時期に重なるからなのかもしれないですけど
今年はユーロ問題やアメリカの財政問題、アベノミクスの影響や
消費税増税の影響で、春頃まで稼ぎ時が続くかもと書いておられますし、
まだまだトラリピはガンガン稼げる期間が続きそうです。

日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



12月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1,000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで1,000円上乗せ!
最大6,000円&トラリピの教科書プレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
trcpn20131231.jpg

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。