スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドル1000通貨トラリピFX】円安続くか。日銀は金融緩和の継続決定

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証566日目となる
12月19日木曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
FOMC後の円安が少し落ち着いて新規1回、決済1回。

そして今日は日銀が金融緩和の継続決定となり、
円安の流れが続いているだけに、このままさらに上昇すれば
豪ドルもポジションがどんどん決済されて利益が増え
証拠金が増強されて維持率が上がり、安全性が上がる、
という豪ドルトラリピの特徴が出ますから、非常に楽しみです。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



12月19日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・92.03買い
・92.28決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+750円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,019,024円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
50.95%



木曜は動きが落ち着きましたけど、今日は日銀金融政策決定会合で
緩和継続が発表されて円安となっていますので、この後もまだまだ楽しみ。

ただ決済が続くと利益は増える分、ポジションが減るので
一度大きく下げてくれたら面白いなという気持ちもありますが
その辺は豪ドルトラリピ25銭間隔設定特有の効率的約定で
決済が続いても間に新規がしっかり入っていくので問題ないかと。

この設定はもトラリピ研究者さんが膨大な過去データから
最も資金的に安全で、なおかつ回転が良くて利益も出る、という組み合わせは
どの通貨とどの値幅で、どのぐらいの注文量かということを
長い時間かけて見つけ出された結果なんですけど、研究者さんは以前から、
9月から年末年始がトラリピ年間最大の稼ぎ時で
なおかつ毎年恒例の稼げる時期であると書かれていました。

実際に今年も9月頃からだんだん約定ペースが上がってきて
2年1ヶ月経過した11月半ばで利率50%を達成。つまり開始当初200万だった資金が
現在300万を突破したわけで、2年で1.5倍というのは、サラリーマンの自分には
十分過ぎるぐらいのリターンです。

しかもこれが暴落が何度か連続したときも全く危なげなく稼げた、
ということにさらに驚きですね。

なおかつ研究者さんによれば、今年はユーロ問題や
アメリカの財政問題、来春の日本の消費税増税など、
色々大きな材料があるので、このまま来年の春ぐらいまで
稼ぎ時が続くのではと書かれていますし、
そうなるとまだまだこれから稼げそうな気がします。

日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



12月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1,000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで1,000円上乗せ!
最大6,000円&トラリピの教科書プレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
trcpn20131231.jpg

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。