スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドル1000通貨トラリピFX】FOMCでトラリピ好結果の1週間。利率換算51%達成

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証567日目となる
12月20日金曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
調整気味の相場の中でも決済が2回約定して利益が増加。

先週はFOMC前後でしっかり新規と決済がバランス良く約定し、
ポジションの総量はそれほど変わらずに利益がしっかり増え、
この利益で証拠金が増えて維持率が上がり、安全性も上がっており、
さすが毎年恒例年末年始のトラリピ稼ぎ時という感じの1週間でした。
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



12月20日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・92.53決済
・92.78決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+1,592円(うちスワップ金利92円)



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,020,616円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
51.03%



金曜は動きが小さい状態が続いて、クリスマス前の相場だな、
という感じでしたけど、それでも決済が2回約定する回転率の良さは
豪ドルトラリピ25銭間隔設定ならではで、こういう特徴があるからこそ、
豪ドルトラリピ運用者の81%が儲かっているというデータが出るのだなと実感。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?

こういうパターンになるのは豪ドル25銭間隔設定では良くありますし、
以前全てポジションが決済された後でも良い具合に下落したり、
新規と決済の割合が良かったりしてとにかく上下によく約定するので、
資金効率的には非常に考えられた設定だなと思います。

しかも先月トライピ開始から2年1ヶ月経過した時点で、
開始当初の資金200万が300万を超えて、利率換算50%を達成しましたし
そこから1ヶ月でもう51%。しかもこれが大暴落時でも全く危なげなく
堅実に稼げているので、銀行に預けているのがアホらしくなるぐらい
非常に良いペースで利益を積み上げてこれています。

これもトラリピ研究者さんが膨大な過去データから
最も資金的に安全で、なおかつ回転が良くて利益も出る、という組み合わせは
どの通貨とどの値幅で、どのぐらいの注文量かということを
長い時間かけて見つけ出された結果。

また研究者さんは以前から、9月から年末年始がトラリピ年間最大の稼ぎ時で
なおかつ毎年恒例の稼げる時期であると書いておられました。

それが現実になって、利益もかなり出ていますから
非常に良い気分で年末年始を迎えられるなという感じですけど
研究者さんによれば、今年はユーロ問題とかアメリカの財政問題、
日本の消費税増税などの話題がまだ今後も続いていくと思われるため
通常の稼ぎ時が春頃まで続くのではと書かれていましたし
これからまだ数ヶ月は期待できそうです。


日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



12月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
1,000円のクオカードを上乗せする企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで1,000円上乗せ!
最大6,000円&トラリピの教科書プレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
trcpn20131231.jpg

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。