【豪ドル1000通貨トラリピFX】年末の薄商いでもトラリピ決済1回!

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証573日目となる
12月30日月曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
年末相場で薄商いでしたけど決済が1回約定し、
スワップ金利ものってしっかり利益が増加しました。
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



12月30日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・93.53決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+1,007円(うちスワップ金利257円)



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,023,460円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
51.17%



年末にもかかわらず1回約定するのは豪ドルトラリピの良いところですけど、
今年を振り返ると11月半ばにトラリピ開始から2年1ヶ月経過した時点で、
利率換算50%を超え、開始当初の資金200万が300万を超えました。

これもやはり豪ドルトラリピ25銭間隔設定だからこその結果だと思いますし、
豪ドルトラリピ運用者の81%が儲かっているというデータも納得です。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?

現在の設定はトラリピ研究者さんが考えられたものを参考にしているんですけど
研究者さんが長い時間かけて膨大な過去データを検証し、
最も効率が良く、安全性が高い通貨と値幅の組み合わせは何か、
と考えられた結果出てきたのが豪ドルで25銭設定だったとのこと。

実際に大暴落した際でも全く危なげなかったどころか
もっと暴落してくれても良いぐらいの状態でしたし
全ポジションが決済されて上に抜けることも経験できたりしました。

また月単位とかで見ると、ポジションの量はそれほど変わらず、
利益がどんどん増えて、その利益で証拠金が増えますので
維持率はどんどん上がり、同じようなポジションであっても
どんどん安全性が増していくという絶妙なスパイラル。

さらに研究者さんは、以前から9月から年末年始が年間最大かつ
毎年恒例のトラリピ最大の稼ぎ時になると書かれていましたけど、
ユーロ問題やアメリカの財政、日本の消費税増税もあって、
今年は例年より長く稼ぎ時が続くのではと予想されていて、
ゴールデンウィークぐらいまで続きそうとのことでしたから
2014年のトラリピもかなり期待できそうかなと思っています。


日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



3月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
下記のキャンペーン企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで
最大5,000円&トラリピの教科書プレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
trcpn20131228.jpg

COMMENT 0