【バイナリーオプション攻略法実践検証545日目】BOE、ECB政策金利、ドラギ会見待ち

バイナリーオプション攻略法実践検証545日目

水曜はまたあまり動きが出ない相場となりましたので、
バイナリーオプション攻略法では攻めてもリスクが高いと考えて、
取引せずに各種相場チェックに専念しました。

相場全体もBOE、ECB政策金利発表やドラギ総裁会見、
雇用統計待ちの状態となっているので、今は無理せずに
動きが出たらいつでも乗れる準備をしておこうかなと。

常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。


まずリスクが低い通貨という意味では、前日と同じ感じで、
ポンド円とドル円の円安方向が他に比べると良さそうでした。

でも動きが十分出なかったので、これまた前日と同じく攻める場面はなく、
しかも一度戻したりしたので余計難しかったですし、
後述するサインが全然ダメだったので、仕方ないですね。

あなたが知らない、有利な通貨の絞り方。
BOするならより低リスクな通貨で。
勝っている人は誰でもやってる方法。



また節目は全然変わっていません。
なので逆にブレイク狙いはしやすい状態ですし、
BOE、ECB政策金利発表、ドラギ総裁会見で動くか、
雇用統計前後で動いてブレイクしてくれれれば最高。

特にポンド円などは値幅が出やすいうえに節目も広いので
うまく動けば狙いやすいのだけどなと思います。

FXトレーダーの8割が負ける、簡単な理由。
節目を意識すれば無駄な負けが減らせる。
バイナリーオプションの秘訣。



あと、らくらくテクニカルのサインは、昨日もまったくダメという感じで、
とにかく不安定だったので、一番リスクが高いパターン。

過去の取引でこういうときに一時的にパッとサインが揃って
そこだけ見て攻めたということもありましたけど、
それは見事に負けましたので、そういう取引は控えるようにしています。

でも今後BOE、ECB政策金利発表やドラギ総裁会見、雇用統計の前後では
動きが出ればサインも過去データから類似相場を探してくると思うので、
何かしらキッカケとなるような良い出方となる可能性があり、期待してます。

常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。



また判定時間の狙い目はこれまで通り、過去の取引で回数も稼げて、
勝率も高かった時間帯である18時20分終了の回とか20時20分終了の回を中心に、
BOE、ECB政策金利発表とドラギ総裁会見後を考えて、22時20分終了の回とか、
24時20分、26時20分終了の回なども狙って行ければと思います。

これは動き次第なのでなんともいえませんけど、
重要イベントの直後は荒れやすいということもあるので
あまり荒れ方が激しかったら、少し待って夜中の判定時間狙い、
というほうが逆にリスクが低くなるかなと思っています。

サラリーマン好都合?!
勝てる時間にバイナリーオプションで攻める。
最も勝率が高い、為替相場で有名な時間帯。



そして狙い目通貨に関しては、前日からの動きも踏まえて、
現時点ではポンド円とドル円の優先順位を高くしてますけど、
ECB理事会とドラギ総裁会見ではユーロがメインになるかもなので、
ユーロ円も今日はしっかり見ておこうと思っています。

でも豪ドルは過去の取引では比較的取引回数が多いですけど、
今回はイベントとは直接関係ないので、あまり重点はおかず、
でも見ないわけでは無くて、一応チェックするぐらいの気持ちで。

さらに12月や11月の取引パターンをもう一度復習したうえで、
すぐに相場が動いたら対応できるようにという準備を
精神面でもしっかり行いたいと思っています。

12月のバイナリーオプション取引結果・4勝0敗
12/5バイナリーオプション検証結果
12/10バイナリーオプション検証結果
12/11バイナリーオプション検証結果
12/27バイナリーオプション検証結果

11月のバイナリーオプション取引結果・6勝1敗
11/7バイナリーオプション検証結果
11/8バイナリーオプション検証結果
11/12バイナリーオプション検証結果(2回取引)
11/14バイナリーオプション検証結果
11/21バイナリーオプション検証結果
11/27バイナリーオプション検証結果

狙うはポンド円!?知らなきゃ損する!
バイナリーオプションで勝つための、
狙い目通貨3種類。





バイナリーオプション(2011年12月1日開始以降)の確定利益額

+1,393,050円
←過去の取引履歴は左サイドバーで


常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法と、利用業者について。


COMMENT 0