【豪ドル1000通貨トラリピFX】早々と円安に戻す!トラリピは新規約定

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証583日目となる
1月14日火曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
雇用統計後の円高から早速戻しが入り円安相場となりましたけど、
豪ドルはあまり動きが無く、むしろ新規1回が約定する面白い結果となりました。
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



1月14日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・93.28買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,028,967円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
51.45%



ここ数ヶ月はひたすら円安傾向が続いていましたので
基本的に決済が中心で、利益が増えて証拠金に変わり、
安全性がどんどん増していくという理想的な流れでした。

でもその分ポジションは少ない状態が続いていましたし
一度しっかり円高になって仕込めれば、次がまた面白いのに、
と思っていたところで雇用統計で急激な円高に。

これによって久々にしっかりと仕込みが出来ましたから
これがまた次の決済の種になりますし、また円安に戻れば
利益が出て証拠金が増えて安全性が増すということになるので
今は上下どちらに動いても嬉しいですね。

まあでも昨年11月半ばでトラリピ開始から2年1ヶ月経過した時点で、
開始当初200万だった資金が300万まで増えていますし、
なおかつこれが大暴落でも全く危険を感じずに稼げたので、
このトラリピ設定の威力はすさまじいものがありますし、
こういう特徴があるから、豪ドルトラリピ運用者の81%が儲かっている、
というのも非常に納得できます。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?

自分が設定の参考にしたトラリピ研究者さんは、以前から
「9月から年末年始にかけては毎年恒例、かつ年間最大の
トラリピの稼ぎ時になる」ということを書かれていましたし、
さらに最近のユーロやアメリカの財政問題、日本の消費税増税で
通常なら年末年始で終わる稼ぎ時が、ゴールデンウィーク頃までは
続く可能性が高いと書かれていますから、まだまだ面白い展開になるかなと。

またこの2年間で、当然利益によって証拠金が増えているので
同じ約定パターンだとしても、開始当初に比べて安全性は増していますし
このまま将来的に自分で老後の年金を作れるなという感じが
2年以上やってきて確信に変わってきたなという気がします。


日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



3月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
下記のキャンペーン企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで
最大5,000円&トラリピの教科書プレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
trcpn20131228.jpg

COMMENT 0