【豪ドル1000通貨トラリピFX】今度は戻してトラリピ決済連続約定。次の焦点は来週雇用統計か

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証595日目となる
1月30日木曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
また新興国懸念がまたちょっと落ち着いたような動きとなり
豪ドルが戻したので決済4回でしっかり利益が増加。

やはり今回も暴落の後はしっかり稼げるパターンとなっていて
大暴落になっても強いどころかむしろ稼げるという、
豪ドルトラリピ25銭間隔設定の特徴が良く出ています。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



1月30日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・89.53決済
・89.78決済
・90.03決済
・90.28決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+3,000円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,050,058円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
52.50%



木曜はしっかり戻したので決済のみの約定となりましたけど、
今週も円高とその戻しが繰り替えアズレ手いて、仕込みと決済が
交互に来る理想的なパターンとなっています。

これが豪ドルトラリピ25銭間隔設定の大きな特徴なんですけど、
決済によって利益が出て、この利益で証拠金が補強されて、
維持率が上がり、安全性が上がり、その後また仕込みが出来て、
さらにまたこれが決済してという形でループしていきますので
回せば回すほど安全性と利益が増していく面白い設定。

なので自分は開始当初200万で始めたものが、2年1ヶ月経過した昨年12月で、
300万を超えましたから、単純に2年前の1.5倍の安全性になっているという感じ。

現在の設定はトラリピ研究者さんが考えられたものを参考にしていて
過去の膨大なデータを元に色々な通貨と値幅の組み合わせを
長い時間かけて検証された結果、ベストな組み合わせが
豪ドル25銭設定の3000通貨というものだったそうです。

自分も2年3ヶ月が経過して、大暴落は何度もありましたけど、
全然危なげなく、これほどまでに気持ち的にもラクで
安心できた状態で資金が300万にまで増えるとは驚きでした。

低く見積もっても年利20%近くが確実に出るということを考えると
銀行にある資金も追加で入れてやれば、さらに安全で効率よく
利益を出していくこともできますし、そう考えてみると
サラリーマンの自分にはとても適している投資だなと。

あとは通常なら年末年始で終わる毎年恒例のトラリピ最大の稼ぎ時が
今年はまだまだ春頃まで続くと研究者さんも予想されていますので
これから数ヶ月はガッツリ稼げるかなと思います。

究極は稼ぎ時の時期だけトラリピをしかけ、
それ以外の時期は仕掛けないという形なのかもしれません。
そうすれば毎年9月から年末年始の恒例の稼ぎ時だけで稼ぎ
後は稼ぎ時が伸びればそれに合わせて設定を置いておいて、
という微調整でやるのも面白いかなと思ったりします。

日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



3月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
下記のキャンペーン企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで
最大5,000円&トラリピの教科書プレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
trcpn20131228.jpg

COMMENT 0