【豪ドル1000通貨トラリピFX】先週は新規20回、決済20回でトラリピ最高の展開

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証596日目となる
1月31日金曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
また下落して新規注文が6回、決済注文が2回約定し、
週合計は新規20回、決済20回と最高のトラリピ約定パターンに。

つまり1週間前とポジション量は全く変わっていないのに、
利益は20回分増えて、この利益が証拠金に上乗せされるため
維持率は上がり、安全性も上がっているということになり、
これぞ8割の人が儲ける豪ドルトラリピの特徴という感じですね。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



1月31日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・90.53決済
・90.28買い
・90.03買い
・89.78買い
・89.53買い
・89.28買い
・89.03買い
・89.28決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+1,500円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,051,558円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
52.58%



金曜はまず朝方に決済注文が約定しましたけど、
その後は下落に伴って新規が入って仕込みが進み、
最後はまた決済で終了という形になっており、
下落相場でもしっかり決済が間に入るという効率の良さを見せてくれました。

そして週単位でも新規20回、決済20回というのは理想的で、
大暴落の後は毎回トラリピの稼ぎ時になるというのが
今回も実証された形となっています。

さらに今回はECBの利下げとかも話題になっていましたし、
そのECB理事会や雇用統計を控える今週はさらに動きが出そうですから、
トラリピもますます稼げるのではないかと思います。

現在の設定はトラリピ研究者さんが考えられたものを参考にしていて
過去の膨大なデータを元に色々な通貨と値幅の組み合わせを
長い時間かけて検証された結果、ベストな組み合わせが
豪ドル25銭設定の3000通貨というものだったそうです。

自分でも既に2年3ヶ月が経過しましたけど、昨年12月半ばに、
2年1ヶ月が経過した時点で、利率換算50%を超えて、
開始当初の資金200万が300万以上に増えており、
正直大暴落でも安全にこの数字が出たということ、
さらにこれが自動売買ゆえに何も手がかかっていないことなど
サラリーマンの自分には驚愕の結果でした。

正直銀行に預けているのが勿体ないので、追加で資金を入れようかな、
なんて考えているところですけど、ちょうど現在はトラリピの稼ぎ時であり、
これもトラリピ研究者さんが以前からブログで言及されていたことなんですけど、
今年は日本の消費税増税や、まだ完全に解決していないユーロ問題、
そしてアメリカの財政など大きな要因が残っていることもあって、
通常なら年末年始で終わるはずのトラリピ最大の稼ぎ時が、
ゴールデンウィーク頃までは続く見込みが高いと書かれています。

なのでこの間に追加で資金を入れて枚数を少し上げたら
安全性もさらに高めながら利益も追求できるということで、
それをこの週末実際に色々考えてみようと思っています。

日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



3月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
下記のキャンペーン企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで
最大5,000円&トラリピの教科書プレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
trcpn20131228.jpg

COMMENT 0