【豪ドル1000通貨トラリピFX】次はイエレンFRB議長議会証言でトラリピ大量約定来るか

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証602日目となる
2月10日月曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
雇用統計の影響もなく、イエレン新FRB議長の議会証言待ち、
みたいなムードで動きは非常に小さかったですけど、
その薄商いでも新規注文が1回約定。

この2週間は新規31回、決済40回と相変わらず大量約定で、
なおかつ新規と決済がバランス良く約定していることで
ポジション量がそれほど変わらずに利益がしっかり出て、
その利益で証拠金が増えて維持率が上がるという、
豪ドルトラリピ特有のサイクルが続いていますから、
今週もイエレン議長の議会証言次第で動きが出そうですし期待です。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



2月10日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・91.28買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,067,068円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
53.35%



月曜は薄商いのなかで新規注文が約定したわけですけど、
今月は少し決済が多めですから、ここで仕込めたのは良い流れ。

豪ドルトラリピ25銭間隔設定では、新規が約定してもすぐ決済が約定し、
利益に変わって証拠金が増えて安全性が上がっていきますから、
昨年9月からの稼ぎ時が続く現在でも利益が増えていっており、
この豪ドル25銭間隔設定というのは本当に面白いですね。

これもトラリピ研究者さんが膨大な過去データから
最も資金的に安全で、なおかつ回転が良くて利益も出て
中長期的にしっかり稼いでいける仕組みはどの通貨とどの値幅で、
どのぐらいの注文量かを長い時間かけて出された結果。

実際にこれまで何度か暴落したときもありましたけど、
証拠金維持率は安全すぎるぐらいの水準を維持していましたし
暴落でも相場を気にしないでいられるという精神的余裕も良かったです。

それでいてこれまで2年以上やってきて、約定しなかった日が月平均1日だけという
効率の良さもあり、なおかつ2年1ヶ月で利率換算50%を超えて、
開始当初の資金200万が300万以上に増えていますから、
サラリーマンの自分には十分過ぎるぐらいの結果が出ています。

またトラリピ研究者さんによると、9月から年末年始の期間は
毎年恒例のトラリピ稼ぎ時になるということで、実際そうなったんですけど
今年は例年よりさらにアツくなっていて、年始で稼ぎ時が終わらず、
このまま春頃までは続くと書かれていますので、さらに楽しみになってきました。


日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



3月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
下記のキャンペーン企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで
最大5,000円&トラリピの教科書プレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
trcpn20131228.jpg

COMMENT 0